スバル新型インプレッサの評価や価格!デザインやアイサイトのVer.は?


ども、管理人CoCoです。

さてクルマにくわしくないけど、
スバル車大好き、
スバリストのわたくし管理人CoCoとしては
やっぱりこの話をしておかないといけません。

日本だけじゃなく世界中で愛される
スバルのインプレッサが
フルモデルチェンジをします!

スバル,インプレッサ

難しいことはわからないけど、
難しことはマニアと専門誌にまかせて
素人目線で新型インプレッサを調査してみましょう!

それではレッツゴー!
期間限定告知
iPhone7 / iPhone7 Plusの
入手に方法に関する記事も人気です。

iPhone7が欲しい!入手方法と値段は?おすすめはどれを選べばいいの?

スポンサードリンク

スバルインプレッサがフルモデルチェンジ!とその前に知っておきたいこと

今回スバルインプレッサの
フルモデルチェンジについて書く前に
知っておきたいことがいくつかあります。

ひとつはインプレッサという車種について、
もうひとつは今回の新型インプレッサの
フルモデルチェンジがスバルにとって大きな意味がある、
ということについてです。

ひとつづつクリアにしていきましょう。

スバルインプレッサの展開モデルと今回フルモデルチェンジをするモデルを知っておきたい

スバルの車種の中でインプレッサは
ミドルクラスのセダンという位置づけです。

展開モデルも、
セダンタイプの”G4”、
SUVタイプの”XV”、
スポーツセダンタイプの”スポーツ”
高性能スポーツセダンタイプの”WRX”
と幅広い展開です。

しかもその中にハイブリットタイプがあったり、
スポーツ性能をあげたSTIシリーズがあるので
スバルのラインナップを見ても
実に7種類のインプレッサが並んでいます。

いわゆるスバルの核になる車種がこのインプレッサなんですね。

で、今回フルモデルチェンジをするのは
インプレッサスポーツとインプレッサG4の2つのモデルなんです。

したがってXVやWRXはまだモデルチェンジをしないようですので、
そこのところお間違いのないようにしてください。

スバルインプレッサのフルモデルチェンジが持つ大きな意味とは?

今回のインプレッサのフルモデルチェンジは
スバルにとって大きな意味があるそうです。

というのもスバルはこれから出す新型車に
新しい骨組みである
スバルグローバルプラットフォームを
採用することになっているんですが、
このインプレッサがその第1号なんですって。

剛性うんぬんっていうと難しそうですが、
要は軽くて丈夫だから、
安全性能と燃費向上に役立ち、
より運転が楽しくなる!っていうことのようですね。

それは大歓迎です。

スポンサーリンク

スバル新型インプレッサの新しく変わったところが知りたい!デザインは?アイサイトは?価格は?

さてそれでは実際に新しく生まれ変わった
新型インプレッサについてもうちょっと詳しく見ていきましょう。

デザイン
デザインのコンセプトはダイナミックxソリッド、
ということです。

う~ん、かっこいいけどヨクワカラナイ・・・

「ずっと走っていたい、ずっと使っていたい」と思えるように、
スバルらしさを表現しながら安心と楽しさを表現しているそうです。

まぁ、百聞は一見に如かずですね。
※PCのみクリックで拡大します。
新型インプレッサ,スバル

走行性能関連

前章でお伝えしたスバルの新しい骨組み
スバルグローバルプラットフォーム採用で
走りが快適になるようです!

運転者だけじゃなく、
同乗者にもわかるっていうことですから
これは期待しちゃいますね。

エンジンはもちろん水平対向BOXERエンジンです。

アイサイトほか安全装備
スバルといえばアイサイト、
というくらい知名度が上がった安全装備ですね。

新型インプレッサにはなんと!
全車種標準装備!
しかもVer.3です。

すでにアイサイトを使っている方にはおなじみでしょうが、
衝突回避や、クルーズコントロール(自動速度調節)、
はみ出しや前の車の発信を知らせるお知らせ機能に加え、
バージョン3では高速での車線は見出しを回避する
補助機能もついているようですね。

管理人CoCo
わたしもVer.1、Ver.2と使っているので、
Ver.3の進化は楽しみなところです。

一部標準装備(その他はオプション)で
ハンドル操作に連動してカーブの出口を照らす
”ステアリング連動ヘッドランプ”や
全車オプションではありますが
後ろからの車の接近、追い越しを知らせる
”スバルリヤビークルディテクション”なども
欲しい装備です。

それからおもしろいといっては何ですが、
歩行者保護用のエアバッグが全車標準装備になるそうです。

歩行者用エアバッグ,インプレッサ

すごくないっすか?

販売価格はいくら?

で、肝心のお値段ですが、
すでに販売店では予約が開始になっているものの、
実際の販売開始は2016年10月からということで、
現段階では公式サイトでも金額が明らかになっていません。

クルマ情報サイトによれば
スバルグローバルプラットフォームの採用や、
アイサイトの全車標準装備などを考えると
最安モデルでもプラス25万程度は価格が上がるという
予想のようです。

なので最安モデルで185万円、
標準グレード220万円、
ハイブリッド最上級モデルで280万円くらいの
感じではないでしょうか。

かれとぴ編集後記

わたしは体が大きいので、
インプレッサは購入しないと思うんですが、
この先販売される新型車にも次々と
新しい技術が取り入れられるということですし、
ちょっと乗ってみたい気になりました。

スバル、いいですよ。

ぜひ、この機会に試乗してみてくださいね。
サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ