タイヤチェーンのおすすめ!簡単装着(脱着)で軽量コンパクト!

2016年の冬は東京で54年ぶりに雪が降りました。

東京近郊の人は雪に慣れていないので、
ちょっとした雪でも交通がマヒしてしまいます。

特に自家用車のドライバーさんは、
事前の準備をしていないケースも多く、
雪が降ると道路は大混雑しますよね。

渋滞に巻き込まれるのはもちろんイヤですが、
自分が原因で渋滞を引き起こしたり、
道の真ん中で車が立ち往生したりするのは
もっとコワいですね~~
雪,チェーン,スタッドレス

今日は関東地方に限らず、
あまり雪が降らない地方にお住まいの方が
準備しておくといい雪対策を
体験談を交えてお話ししてみたいと思います。

※大前提として、
雪など普段と路面状況が違う場合は、
可能な限り車を使わないほうがいいです。

スポンサードリンク

雪慣れしていない地方のドライバーの雪、凍結道路対策 | スタッドレスタイヤ編

まず簡潔に、雪対策の基本から。

タイヤ
タイヤはスタッドレスに履き替えましょう!

管理人CoCo
個人的には”ヨコハマタイヤ”ラブなので、
ジオランダーi/T・Sというのを使っています。

SUVやトラック用のちょっと大きなタイプです。

ヨコハマタイヤでも普通車でしたら
アイスガードシリーズなどがおすすめ。

ブリヂストンならブリザックとか、
ダンロップならウインターマックスとか、
聞いたことのあるブランドのものが性能は高いようです。

おすすめスタッドレスタイヤ
ホイール付きがおすすめです。

※商品画像をクリックすると詳細が見られます。

管理人CoCo
決して安心感などとは言いません。

スタッドレスだって万能じゃありませんから、
慎重に走らなきゃだめですよ。

雪や凍っていない普通の道路でも走行できるのが、
スタッドレスの強みです。

初期投資はかかりますが、
おすすめはスタッドレスタイヤをホイールごと購入することです。

保管場所さえあれば、
シーズンごと入れ替えも楽ですよ。

おすすめは
11月ごろにスタッドレスに履き替えて、
5月ごろにノーマルに戻す、
というサイクルです。

私は6カ月点検ごとにディーラーに
履き替え作業をおをお願いしています。

管理人CoCo
点検込なので履き替えの工賃が
かからなくておトクなんですよ~

スポンサーリンク

雪慣れしていない地方の雪、凍結道路対策 | チェーン編

スタッドレスタイヤとともに必要になるのが
チェーンですね。

よく、非金属チェーンがおすすめみたいなことも聞きますが、
非金属と金属のどちらも使った経験からすると、
どちらにもメリット、デメリットはありますが
個人的には金属チェーンがおすすめです。

しかもバイセンフェルス一択!

そのあたりをもう少し詳しくお伝えしましょう。

まず私が最初に購入したシリーズです。

カーメイト バイアスロンシリーズ

※商品画像をクリックすると詳細が見られます。

メリット:錆に強い、丈夫。
デメリット:保管サイズが大きい。
 装着に思ったよりコツと力が必要だった。

メリット、デメリットに関しては
個人的な意見なので、
リンク先のレビューを見ていただく方がいいかもしれませんが、
別の製品と比べての感想なので、
それなりに意味があると思います。

管理人CoCo
デメリットは感じながらも
次のシーズンも使い続けようと思った矢先、
私は別のチェーンも購入するハメになったのです。
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

スタッドレスからノーマルに履き替え、
タイヤチェーンも車から降ろした、
あるゴールデンウイークの一日、悲劇は起きました。

群馬県の方に遊びに行ったのですが、
高速道路を走行中にまさかの雪がチラつき始め、

”この先雪のため、チェーン規制”

の文字!

管理人CoCo
まさか、ゴールデンウイークに雪?!

つか、チェーンも積んでないし、タイヤはノーマルだし

帰るという選択肢もありましたが、
四駆だし、規制区間は数百メートルだし、と
先へ進むことを決めました。

幸いサービスエリアで
自分の車のタイヤサイズにあうチェーンを販売していたこともあり、
痛い出費でしたが早速購入!

それがこれでした。

バイセンフェルス クラック&ゴー

※商品画像をクリックすると詳細が見られます。

メリット:コンパクト。簡単。安い。
デメリット:サビや金属疲労によってチェーンが切れることがある。

まずバイセンフェルスを使って感動したのが、
装着の簡単さです。

タイヤチェーンの装着時は
多かれ少なかれ
タイヤのうらがわに手を入れて、
チェーンの固定をする必要があります。

あまりチェーンやワイヤーの長さにゆとりがないため
力が入りにくくて作業がしづらいものが多いようです。

手も汚れますしね。

でもこのバイセンフェルスは
けっこうゆとりがあるので
余計な力が必要ないです。

そのうえ、チェーンに心配なたるみも、
自動巻取り型の締め付け装置がついているので、
走ることで自然にたるみがなくなります。

これってすごいですよ!!

管理人CoCo
なんかかっちょいいし。

脱着も、ロック解除して、
ゆるめてはずせるのでカンタ~ン!!

デメリットのチェーン切れ似関しては
ホームセンターでつなぎ用に同じような形の
だ円のリングを買ってきてバイセンフェルスのケースに入れてあります。

ある意味、雪が待ち遠しくなる(失言失礼)
アイテムです!!

かれとぴ編集後記

最後に雪対策として準備しておきたいのが、
照明(ハグライトが推奨です)

ハグライト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Beruf LEDハンドフリーフレキシブル ハグライト87604 1個
価格:1393円(税込、送料別) (2016/11/24時点)

※商品画像をクリックすると詳細が見られます。

暗いところでの作業で必須です。

軍手:
できるだけイボ付き。

私はイボ付きじゃありませんが、
革製の長めのスソのものを使っています。
ホームセンターの工具売り場で買いました~。
チェーン,タイヤ

水がしみにくく、汚れが付きにくいのでおすすめです。

スコップ、雪かき。
 タイヤが空回りするようなところで使います。

レジャーシート
 濡れたところに膝をついたり座ったりするときにべんり。

などなど、あげればきりがありませんが、
ぜひ、バッチリと雪対策をして
冬も快適に過ごしましょう!!
サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ