マツモトクラブは芝居風のひとりコントをするひげメガネのハーモニカ芸人

新しいスタイルの笑いをつくる
芸人さんとして
いまマツモトクラブさんが
人気です。

マツモトクラブ,松本クラブ

最近はやりの
永野⇒永野さん
ハリウッドザコシショウ,ザコシショウ⇒ハリウッドザコシショウさん
をはじめとする、
いわゆるハイテンション芸とは対極の、
どちらかというと”静”を
効果的に使うタイプの芸人さんですよね。

にもかかわらず、
笑いはけっこうシュールだったりします。

今回はこの、
不思議な魅力を持った
マツモトクラブさんについて
いろいろ調べていきましょう!

スポンサードリンク

マツモトクラブってどんなひと?芸人になるまでは何してたの?

まずは早速マツモトクラブさんの
プロフィールからチェックします。

マツモトクラブ
(本名:松本洋平-まつもとようへい)
マツモトクラブ,マツクラ

1976年6月8日生まれ 東京都出身
身長:171㎝ 体重:58㎏

所属:SMA NEET Project
活動時期:2011年~

あまり聞いたことがない事務所名だなと
思われる方もいるかもしれませんが、
所属事務所名のSMAは
ソニーミュージックアーティスツの略で
実はソニー系列の事務所のようです。

同じ事務所には
ハリウッドザコシショウ,ザコシショウ⇒ハリウッドザコシショウさんを始め
アキラ100%さん、コウメ太夫さん、
キャプテン渡辺さん、バイきんぐ、
AMEMIYAさん、全力じじぃなどがいます。

管理人CoCo
正直キワモノの方が多いですが、
個人的には
あんがい嫌いじゃない
ラインナップですww

さてマツモトクラブさんですが、
アラフォーの年齢の割には
活動時期は2011年からということで
芸歴はまだ浅いようです。

では、マツモトクラブさんは
それまで何をしていたかといえば、
ご想像通りで(?)役者さんでした。

しかもシェイクスピアをメインに上演するような
古典的な劇団に所属していたらしいです。

管理人CoCo
なんかそこまでは
想像つかないっすね。

資金の問題で劇団を退団すると、
マツモトクラブさんは
1年ほど普通のお勤めをしていた時期があったらしいです。

スポンサーリンク

マツモトクラブ、芸人への目覚め!実は遊びがきっかけだったとか?!

マツモトクラブさんは
かつてお笑いの世界にあこがれてたことも
あったようですが、
現実的になろうとは思っていなかったみたいですね。

芸人になるきっかけは
iPhoneを買ったこと
らしいです。

管理人CoCo

と思いますよね?

実は
はじめて買ったiPhoneが
楽しくていじっているうちに
iPhoneの機能のひとつである
ボイスメモ(=いわゆる音声録音)に
ハマったらしいんです。

この辺がちょっと凡人には理解不能なんですが、
マツモトクラブさんは
当時M-1グランプリが大好きで、
コンビの芸人さんがやっていたネタを
文字におこして

”片方の人のセリフだけを
先にしゃべって録音し、
それを再生しながら相方側のセリフをしゃべる”

というひとり遊びをはじめたんですって。

それをオモシロく思った役者仲間(後輩さん)が
今の事務所を紹介し、
芸人としてのスタートを切ったそうです。

それが今のマツクラスタイルに
なっていったなんて不思議ですね。

管理人CoCo
マツモトクラブさんのネタスタイルは
自分の録音したセリフに
自分がこたえる掛け合いなので、

なんだか芸人界の
山下達郎⇒山下達郎さん
って言ってもいいんじゃないでしょうか。

こうして役者という下地をうまく生かしながら、
新しいスタイルを生み出したマツモトクラブさんは
2度もR-1グランプリで敗者復活のひと枠に選ばれるなど、
結果を出し続けています。

出はじめこそ、
”録音したものを多用するのはどうなの?”
っていう批判もあったようですが、
最近はマツクラスタイルとして
認知されてきたようですね。

かれとぴ編集後記

マツモトクラブさんは
インタビューで
”コンビでやらないのか”
と聞かれたことがありました。

その答えは
役者をずっとやっていたので、
今までは集団で何かを作ってきたけれど、
今度は”ひとりで戦ってみたい”という気持ちなので、
コンビを組むことは考えていない、ということでした。

これからもマツモトクラブさんは
ご自身が生み出した
マツクラスタイルで戦っていくことでしょう。

お芝居と笑いの融合で
これからも新しい笑いを見せて欲しいですね。

管理人CoCo
あ、ちなみにマツモトクラブさんの
メガネはダテメガネだそうですよ。

サイトマップ(記事一覧)

ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ