大隅良典(おおすみよしのり)がオートファジーでノーベル医学生理学賞受賞!


ども、管理人CoCoです。

いや~。
どエライニュースが飛び込んできましたねぇ。

東京工業大(東工大)栄誉教授の大隅良典さんが
2016年のノーベル医学生理学賞を受賞することが決まったそうですね!

リオオリンピックでの金メダルラッシュに続いて
日本人が世界の舞台で脚光を浴びるのはすごく喜ばしいことです。

ところで今回の大隅良典さんの受賞に関しては
けっこう想定外だったようです。

今回はこの大隅良典教授や、
受賞したオートファジーについて
分かりやすく、分かりやすく調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

大隅良典ってスゴイ人なの?おおくま教授ではなく、おおすみ教授なんですね?

大隅良典さんは
東京工業大学の栄誉教授だそうです。

1945年2月9日生まれ 福岡県出身

出身校:東京大学

現在の肩書は
総合研究大学院大学名誉教授、
基礎生物学研究所名誉教授、
東京工業大学フロンティア研究機構特任教授・栄誉教授となっています。
漢字ばかりで頭が痛くなっちゃうかもしれませんが、

スゴイ方であるのは間違いないですね。

かつては基礎生物学研究所教授や
総合研究大学院大学生命科学研究科教授などもされていたようです。

スポンサーリンク

オートファジーってなに?自食作用といわれても・・・。オートファジーをKWSK

ファジーと聞くとそのむかしに流行った
ファジー理論(ゆらぎ)についていろいろ思い出しますが、
今回大隅良典教授がノーベル医学生理学賞を受賞した
オートファージ―というのはこれとはまた違うようです。

オートファジーは人間のがんや老化の抑制にも
関係しているらしく
医学の進歩にも大きく貢献するみたいです。

詳しくは専門書で!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オートファジー [ 水島昇 ]
価格:5400円(税込、送料無料) (2016/10/4時点)

将来的にはパーキンソン病などの治療にも役立つようですし、
これからの研究にも期待がかかりますね。

かれとぴ編集後記

もっと情報が出てくると思いますので、
随時更新していきます!

ひとまずは改めて
大隅義則教授、受賞おめでとうございます。

サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ