ドナルド・トランプ氏が大統領に決まりましたね。

記憶にあるかないかは人それぞれではありますが、
ドナルド・トランプ氏の演説台などの選挙アイテムに
”TRUMP”(=トランプ)と大きく書いてあるその下に
トランプ氏の名前より一回り小さな字で
”PENCE”(=ペンス)と書いてあるのを見たことがあるでしょう。

このペンスとはドナルド・トランプ氏が
副大統領として指名していた人物なんですよね。

今回はこのマイク・ペンス氏が親日家であることが話題になっているので、
そのあたりを掘り下げたいと思います。

でもね。

親日家だといって喜んでばかりはいられないんですよ。

なんてったって、相手は

あの!あの!!あの!!!マイク・ペンス氏

ですからね!

マイク・ペンス副大統領は親日家?その根拠は??日本との関係はどうなる???

マイク・ペンス氏は親日家だと一部のメディアにて報じられています。

果たしてその根拠は??

マイク・ペンス氏が親日家と言われる根拠

根拠1:
 報道によれば”外交筋からの情報”ではマイク・ペンス氏は親日家として有名だそうです。

根拠2:
 マイク・ペンス氏が州知事を務めるインディアナ州は日本企業の誘致がさかんです。
 マイク・ペンス氏自体も日本にも何度も訪れて熱心に企業誘致に動いていました。
 インディアナ州の公式サイト(日本語サイト)で日本向けに、関係強固が責務と言っています。

なるほど。

確かに報道で親日家と言われるのはわかる気がしますね。

スポンサーリンク

ただ、上の根拠だけで親日家と決めつけるのはちょっとどうかとも思います。

マイク・ペンス氏はインディアナ州出身で、
そのインディアナ州の州知事になったのですから、
インディアナ州への思いはあるのでしょう。

そしてインディアナ州を活性化させるために
外国の企業誘致が必要、とりわけ日本企業がよさそう!と思ったら、
”インディアナ州のために”何度も来日したり、
企業誘致活動に積極的になったり、
ときには”ニホン ダイスキデス!”とか言うかもしれませんよね。

管理人CoCo
”ニホン ダイスキデス!”
と言ったという事実はありません。

フィクションですよ。

もっとも、
”インディアナ州をどげんとせんかいかん!”
とは言ったかもしれませんが・・・

あ、これも言ってないか。

ということで親日家というところにおいては
あまり信用ができないところではあります。

ただし、日本に好意的に立ち振る舞う可能性がないわけでもないんですよね。

なんつったって、マイク・ペンス氏は策士、あるいは戦略家のようですから。 

マイク・ペンス副大統領はディベートが得意?!かなりの策士だというウワサ。

マイク・ペンス氏の親日家という情報は
うのみにできないようだということはご理解いただけたでしょうか?

しかしだからと言ってまだ悲観する段階でもありません。

なぜならマイク・ペンス氏は感情で動く人ではないですから。

スポンサーリンク