サッカーや将棋の世界でも10代半ばの若者が活躍する時代、
発達障害で学校に行けなくなってしまった少年が
高校へ進学せずに15歳でコーヒー豆の焙煎、販売をする店をオープンしたそうです。

しかもかなり本格的なようです。

ホライズンラボ,上野響,アスペルガー

調べてみると、
何かと生きにくいこの世の中、自分の中にある”人とは違う何か”に
向き合いつつうまく昇華させているご本人、そしてご家族の姿が垣間見えました。

今回は15歳でコーヒー豆店「ホライズン・ラボ」を開店した岩野響さんのお店の情報や、背景、
発達障害の一つアスペルガー症候群について調べてみます。

スポンサードリンク


ホライズンラボ岩野響の人物像とコーヒー焙煎に魅了されたきっかけ!

岩野響さんは中学卒業後、進学や就職をせずに
ホライズン・ラボというコーヒー豆の焙煎販売をする店を開店しました。

@horizon_laboがシェアした投稿

岩野響さんは一般の方なので詳しいプロフィールはわかっていませんが、
群馬県桐生市生まれのご両親のもとに生まれました。

岩野響さんは中学1年の夏過ぎごろから発達障害のひとつ、
アスペルガー症候群で不登校になってしまったそうです。

ご両親も響さん本人もいろいろ悩んだりしたようですが、
できないことを押し付けるのではなく、できることをやらせよう!
と考えた末、響さんがもっとも興味を持っていたコーヒーの焙煎を突き詰めることにたどり着きました。

ちなみに
岩野響さんとコーヒー焙煎との出会いは小学6年にさかのぼります。

ご両親の仕事の取引先のお知り合いから、
響さんが興味を持っているなら、と
小さな手回しの焙煎機をくださったそうです。

このプレゼントを喜んだ響さんはご両親に頼んでコーヒーの生豆を取り寄せ、
焙煎時間や温度を変えると味が全く変わるというコーヒーの奥深さに強く興味を覚えました。

管理人CoCo管理人CoCo

もともと調味料の味の微妙な違いなどもわかる子供だったそうですから、
この手回し焙煎機が岩野響さんの運命を変えたとも言えますね。

岩野響さんの趣味はコーヒーの研究以外には盆栽があるそうです。

そう遠くないうちに、盆栽の世界でも目を見張る活躍をするかもしれません。

スポンサードリンク



次のページ





お買い忘れはございませんか?