2017年フランス大統領選に関して
ネットで話題をさらったのは実は筆頭候補のエマニュエル・マクロン氏でもなければ、
対立候補のマリーヌ・ルペン氏でもなく、
エマニュエル・マクロン氏の夫人、マダム・マクロンこと
ブリジット・マクロンさんだったことをご存知ですか?
ブリジット,エマニュエル・マクロン,フランス大統領

今日はフランス新大統領エマニュエル・マクロン氏の夫人ブリジットに関して調べてみました。

一応新大統領ってことで、敬意を表してエマニュエル・マクロン氏の経歴を調べますが、
けっこう早い段階でブリジット登場!ってなるから見逃さないでね。

スポンサードリンク



エマニュエル・マクロン新大統領(仮)の経歴は?!ブリジット夫人との出会いも!

エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)
フルネームはエマニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリック・マクロン
(Emmanuel Jean-Michel Frédéric Macron)
だそうです。
ブリジット,エマニュエル・マクロン,フランス大統領

1977年12月21日生まれ フランス・ソンム出身

エマニュエル・マクロン氏はパリの名門アンリ4世高校(リセ・アンリⅣ)に進学。
高校のフランス語の先生が現在の夫人であるブリジットさんでした。

管理人CoCo管理人CoCo

あはは。
もう出てきちゃった。

ま、とりあえず進めます。

スポンサードリンク



エマニュエル・マクロン氏は高校卒業後パリ第10大学⇒パリ政治学院⇒国立行政学院と勉強を重ねました。

管理人CoCo管理人CoCo

もう、この経歴から政治家になりたいにおいがプンプンしますね。

エマニュエル・マクロン氏は2007年に、かつての高校の先生であったブリジッドと結婚しました。
エマニュエル・マクロン氏が29歳、ブリジットは53歳!24歳差での結婚でした。

管理人CoCo管理人CoCo

2まわり違うんですね。

超アネさん女房じゃん!

その後エマニュエル・マクロン氏はヨーロッパの名門ロスチャイルド系の投資銀行で、副社長クラスにまで上り詰めたというからかなり優秀な方なのでしょう。

2006年から社会党員として政治の世界に足を踏み入れてたエマニュエル・マクロン氏は、
2012年にはオランド大統領の側近に、2014年には大臣に就任しました。

2016年に大臣を辞任したときには、大統領選出馬かと騒がれましたが、
このときは出馬せず、2017年になってついに大統領選に出馬しました。

エマニュエル・マクロン氏の経歴はざっくりこんな感じです。

いや。
さらっと書きましたけど、マダム・マクロンの部分にメッチャ興味が行っちゃいますよね。

ということで、引き続きマダムマクロンについてピックアップしていきます。

スポンサードリンク



次のページ