これは欲しい!
そう誰もが思う、夢の電話が発表されました。
といっても、機能が優れているっていうだけじゃないんです。
ロボホン,ROBOHON,シャープ

これ、ロボット型電話なんです。

名前は”RoBoHoN”(ロボホン)。

発売日はいつ??そもそもいくらなの??
気になりますよね??
今回はこんなかわいすぎる、でもかしこすぎるロボット電話について色々と調べていきます。

スポンサードリンク



”RoBoHoN”ってなんだ??

そもそも”RoBoHoN”ってなに??ってことですよね。
まずはその愛らしい姿を動画でどうぞ。

”RoBoHoN”は大手電機メーカーシャープと、ロボットクリエイターの高橋智隆さんが共同で開発した次世代型携帯情報通信端末です。

シャープの携帯電話技術と高橋さんのロボット技術の結晶とも言えます。

サイズ(身長)は約19.5cm、質量(体重)は約390gと、携帯電話としてはちょっと大きいですが、二足歩行が可能な人型ロボットとしてはかなり小さいです。

※現段階では開発途中ということで、使用変更があるかもしれません。

スポンサードリンク



”RoBoHoN”のかわいさの秘密

Robi

”RoBoHoN”のビジュアルをどこかで見たことがある、という人は多いでしょう。
”RoBoHoN”を作ったのは株式会社ロボ・ガレージ代表取締役ロボットクリエイターの高橋智隆さんです。
お察しの通り、パナソニックのEVOLTA君や、デアゴスティーニのRobi君を作った天才ロボットクリエイターです。
EVOLTA

現代の天馬博士(注:鉄腕アトムを作った博士)ですね。
ロボットの目を大きくしたり、完璧じゃなかったり、”愛着が持てて感情移入ができる造形”というのが高橋さんのこだわりだそうです。

”RoBoHoN”にできること

“RoBoHoN”は、かわいいだけじゃなく、機能も盛りだくさん!

モバイル端末としての機能

RoBoHoN

モバイル通信
音声通話
メール
カメラ、動画(※しかも撮影してくれるようですね。)

“RoBoHoN”の独自機能

RoBoHoN

顔・音声認識
歩行・起き上がり
小型プロジェクターで写真などを投影

操作は“RoBoHoN”との対話で行うっていうからすごいですよね?!

スポンサードリンク



気になるRoBoHoNの入手方法(現段階では個人の予測です)

キャリアは?

まずは電話ということですから、電話会社も関係してきますね。

現在シャープは、DoCoMo、Softbank、AUの大手3キャリア全てからスマホを発売しています。
きっと、3キャリア全てから発売されるんじゃないでしょうか。

※ちなみにシャープはY!モバイルの端末も作っています。
ですが、Y!モバイルが格安スマホの形態をとっている現状では、Y!モバイルからの発売はないと思っています。

発売予定時期は?

発売予定は2016年前半ということですので、夏のモデルチェンジ時期の発売が有力でしょうか。

でも、ひょっとすると春ごろリリースなんてこともあるかもしれませんね。

価格は?

さて、お値段ですがどうでしょうか・・・

価格未定ということですが、
シャープのアクオス携帯最新版が約26,000円
デアゴスティーにのRobiが総額約140,000円(雑誌やバインダーを含んだ値段)
ということを考えると、100.000円~150,000円くらいするかもしれません。

RoBoHoN

現在出たてのiPhone6sでも、そのくらいの価格のモデルもありますし、携帯会社得意の分割支払いや、実質割引などを考えると、100,000円以上したとしても決して高いというわけでもなさそうです。

かれとぴ編集後記

欲しいと思う人はいっぱいいるでしょうが、
実際購入する人がどれくらいいるのか、
また私自身が買うかどうかは
もう少し情報が出てみないとわからないところですね。

スポンサードリンク



ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。
最後までお読みいただきまことにありがとうございます。
サイトマップ(記事一覧)