iPhone7が欲しい!入手方法と値段は?おすすめはどれを選べばいいの?


ども、管理人CoCoです。

いよいよ新型iPhone、iPhone7が発表されました。
まず結論!
今回すぐにでもiPhone7/iPhone7 Plusが欲しい!
ということであれば、ねらい目は
SIMフリー版の128GBです。

iPhone7,入手方法

ホントに最新のiPhone7/iPhone7 Plusが
欲しいと思うのなら、
とにかくこれを読んで、即行動です!
じゃないとずーっと待つ羽目になりますよ。

いろんなサイトでスペックや違いを書いていますが、
それはもちろん知りたいに決まってます。

でも。
まず決めて欲しいのは買うか買わないか

で、買うんだったらすぐに行動しましょう!

スポンサードリンク

iPhone7の入手方法をまずは簡単に確認!早く手に入れ、安く使うならおすす&ねらい目はやっぱりSIMフリー!

新型iPhone7/iPhone7 Plusが発売になりますね。

フツーだったら、じっくり調べて
いろいろ思いを巡らせて・・・って
買うと思うんですよね。

何せ高いですしね。

でも。

ほとんどの人はiPhone7/iPhone7 Plusを
欲しいなって思ったら
ほぼ買うって決めちゃってると思うんです。

だったら、いろいろ新機能とかを調べたり、
あれこれ悩まないで、
いち早く手に入れることに力を注いだ方がいいですよ。

自分の体験からしても
一度タイミングを逃すと、
次の機会は1ヵ月も2ヶ月も先になっちゃいます。

iPhoneの入荷って
初回に大量に入ってきたら
そのあとは
いつ、何色の、どの容量の、どのキャリアの商品が
入荷するかなんて、3大キャリアである
ドコモ、au、ソフトバンクのショップはもちろん、
アップルストアに聞いたってわからないんですよ?!

どうせ買っちゃうんでしょ?
iPhone7/iPhone7 Plus

だったら。

急ぎましょ!

ただ、
とはいってもどの機種にするか決まっていなければ
購入もしようがないですから、
サイズやスペック、キャリアをサクッと決めるお手伝いをしましょう。

かれとぴ調査!今お使いの機種は?

  • iPhone5s/5c (42%, 14 票)
  • iPhone6/6Plus (12%, 4 票)
  • iPhone6s/6sPlus (12%, 4 票)
  • その他 (9%, 3 票)
  • Galaxyシリーズ (6%, 2 票)
  • iPhone5以前 (6%, 2 票)
  • Xperiaシリーズ (3%, 1 票)
  • iPhoneSE (3%, 1 票)
  • NEXUSシリーズ (3%, 1 票)
  • ガラケー (3%, 1 票)
  • isaiシリーズ (0%, 0 票)

総回答者数: 33

読み込み中 ... 読み込み中 ...


っと、
それについては冒頭でお話しした通り、
おすすめはSIMフリー版の128GBです。

容量128GBをおすすめするわけ ※クリックで開きます
やっぱり容量はあとから足せないですし、
最安モデルの32GBは売り切れが速いと思います。

一方で、
どうせ買うなら”いっちゃんええやつ”っていう
雨上がりの宮迫さんみたいな人も
一定数いると思うので、
ズバリ128GBが穴でしょう!

そのうえでiPhone7にするか
iPhone7 Plusにするかはあなた次第です。
iPhone7とiPhone7 Plusの違いは
ざっくり言ってカメラ機能と大きさ、バッテリーの持ちです。
※バッテリーに関してはどちらもかなり改善されています。

iPhone7がおすすめなひと
・電話は小さい方がいいひと
・少しでも価格をおさえたいひと

iPhone7 Plusがおすすめなひと
・スマホは大きい方がいいひと
・バッテリーがちょっとでも長持ちの方がいいひと
・最新のカメラ性能をフルで味わいたいひと

つづいてSIMフリー版のメリット、デメリットですが
これに関しては過去記事に書いてあるので
ぜひご覧ください。
⇒iPhone SEでドコモやauからMVNOに乗り換えるならSIMフリー

格安SIMでいくら安くなったかのご報告! ※クリックで開きます
ちなみに私が格安SIM(MVNO)のmineoに乗り換えて
2ヶ月が経ちますがここにきてようやく
mineoとDoCoMoの料金の違いがはっきりしました。

わたしと妻はどちらも同じ日に買い替えた
iPhone SE の SIMフリーを使っています。
容量も同じ64GBです。

わたしはバリバリ使う派なので、
mineoでは最大容量の10GBのDoCoMo回線利用プランです。

一方妻はほとんどネットサーフィンのみですが、
DoCoMoでiPhoneを利用するときに
最低限入らなければいけないプランです。
※しかも長期契約割引の率は最大です。

つまり私はmineo利用者の中ではかなり利用料金が高い部類で、
妻はDoCoMoのiPhone利用者の中ではほぼ最安の料金ということです。

にもかかわらず、2016年8月分の料金は
mineo 3,847円(864円割引キャンペーン中なので本来なら4,711円)
DoCoMo 8,214円
と、DoCoMoの方が実質3,503円も高かったんですよ。

なので、よ~~っぽど、
キャリアじゃないと不都合が多いっていう方以外は、
解約金を払ったとしてもSIMフリーにして
格安SIMに乗り換えた方がいいと思いますね。

1万円の解約金を払っても3~4カ月で取り返せますしね!

ちなみに現在DoCoMo、auの(nano SIMを使っている)iPhoneを
使っているなら、キャリアの契約はそのままで
SIMの差し替えだけでSIMフリー版の
iPhone7 / iPhone7 Plusを使うこともできますよ。

ソフトバンクも一応大丈夫らしいですが、
設定とかが必要になるケースがあるようなので、
自己責任でお願いします。(もちろん、DoCoMo、auもです。)

アンドロイド版のSIMは
使えないと思った方がいいです。

スポンサーリンク

iPhone7 / iPhone7 Plusの気になる入手方法は?価格と支払方法は?

いよいよ気になる入手方法と価格ですが、
ここでは上でお伝えしたようにSIMフリー版を推奨しています。

したがってキャリア版を入手したい方は
それぞれのキャリアを頼ってください。

一応アップルストアでもキャリア版はありますが、
キャリア版ならそれぞれのキャリアで
入手した方がいいような気がします。

というわけで、

SIMフリー版の入手方法。 ※クリックで開きます
ルートはこの2つのみ。

アップルのオフィシャルサイトからネット購入

アップルストアで購入

予約段階ではネットが有利だと思いますが、
実際に販売が開始される2016年9月16日以降は
アップルストアの方が入手しやすくなるでしょう。

販売開始後はアップルストアでは一切の予約は
受け付けてくれないはずなので、
毎朝開店時間に電話をかけて
入荷しているかの確認
をするのがベストです。

一見アナログなやり方ですが、
意外とみんなこれをやっていません。

ですが、むしろ入荷状況が不明確なので
アップルストアとしてもそれを推奨しているようです。

電話はそれぞれの行く予定の店舗にかけましょう。
アップルストアの電話番号は
オフィシャルサイトで確認してください。

管理人CoCo
わたしも初めてかけるときは
アップルストアを
自分の街のドコモショップくらいのイメージで
とらえていたので、
「人数も少ないだろうから
電話なんてかけたら迷惑だろうな・・・」
なんて思って
かけにくかったのですが、
実際、いざ店舗(表参道店)に行ってみたら
まぁ、ものすごい人数の方が働いていました。

だから、電話をかけることに
ためらわなくてもいいと思いますよ。

実際わたしが撮影した原宿店
ここに地下まであるんですから。
アップルストア,店内

なお店舗では他店舗の状況はわからないようですから、
その店の情報だけを聞きましょう。

ネットで情報交換サイトもありますが、
たまにウソの書き込みや、
間違った情報を書き込む方もいるみたいなので、
最終確認は必ず自分でおこないましょう。

そしてどうしても
近くにアップルストアがない、
アップルストアに出向く暇がないという方は
地道にネットで申し込みをしましょう。

iPhone7 / iPhone7 Plusの種類と値段まとめ ※クリックで開きます

最後に今回発売の
iPhone7 / iPhone7 Plusの種類とその値段をまとめておきます。

iPhone7 / iPhone7 Plusの展開色は
これまでもあった
ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールドに
新色のジェットブラックを加えた5色です。
iPhone74Plus,色

容量は32GB、128GB、256GBとなっていますが
新色ジェットブラックのみ32GBは作られていません。

そして肝心の気になる価格ですが、
iPhone7
32GB ¥72,800 (税別)
128GB ¥83,800 (税別)
256GB ¥94,800 (税別)

iPhone7 Plus
32GB ¥85,800 (税別)
128GB ¥96,800 (税別)
256GB ¥107,800 (税別)

となっています。

これに、できればつけておいた方がいい、
AppleCare+というサポートを追加すると
さらに¥14,800 (税別)かかります。

ここまでは金額を想定しておいた方がいいでしょう。

ちなみにSIMフリー版の購入は
原則クレジットでも一括払いのみです。

一応金利0で12回払いにできる
ショッピングローンというのもありますが、
手続きが正直めんどうですので、
あまりお勧めはしません。

かれとぴ編集後記

さてさて、そういうわけで
今回はiPhone7の入手について
過去の機種の実体験を踏まえていろいろレポートしてみました。

最後にお伝えしたいのは
やっぱりiPhoneって楽しい!っていうことと、
乗り換えとかもスムーズにできるっていうこと。

買い換え=下取りにしないで、
まずはSIMフリーを
(まるで家電製品を買うみたいに)
買うだけ買って帰ってきて、
じっくり設定やデータ移行をしてから、
解約なり、古い機種の中古販売をすればいいんですよね。

そう考えると気持ちに余裕もできるし、
より愛着がわくっていうもんです。

みなさまができるだけ早く
新しいiPhoneを手にされるよう
祈っています。

あ、そういう私は
iPhone SEに買い替えたばかりですし、
あまり大きいのは好きじゃないので、
しばらくSEを愛します。
サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ