タイヤ交換のやり方その1!現実重視の20分パンク修理(ひとりでできるもんっ!!)概要と余談編

いやぁ昨日の夜、仕事の帰りに
車のタイヤをパンクさせてしまいました。

パンク修理

・・・あ、ども、管理人CoCoです。

昨日の夜は参りました・・・

出先だし、夜だし、疲れてたし、お腹もすいていたし、
いろんなマイナス条件が重なって
集中力を欠いていました。

タイヤがパンクしてしまったら、
応急処置的にスペアタイヤへの交換が
必要になりますよね?

一応JAF(日本自動車連盟)の
タイヤ交換の仕方動画です。

確かにマニュアル的な対応という意味では
ビデオの解説が役に立つことも多いと思います。

でも、現実に即していないことも多々あります。

そして私のように夜中に・・・
なんていう場合もありますので、

その辺も含めて、今日は現実重視で
パンクしたときのタイヤ交換に関して
お伝えしましょう。

現時点でパンクしていて途方に暮れている方は、
余談の部分は読み飛ばしてください。

※下記のメニューで必要なところに飛べます。
黄色いマーカー中心に読んでください。

スポンサードリンク

管理人CoCoのパンクに関しての余談

さっさとパンク修理の仕方を書けばいいのに、
わたくしCoCo、上沼恵美子さんばりにおしゃべりが好きで、

ついつい余談が長くなってしまうんですよね。

質問者の写真
あ、余談の余談ですが
”おしゃべり”といえば、
品川庄司の品川祐さんも好きです。

最近、品川さんが叩かれるのを見ていると
心が痛みます。

品川・・・おもしろいのに・・・

みんないじめないであげて・・・

と、脱線しましたが本題に戻します。

わたくしCoCoは
タイヤ交換がけっこうスムーズにできるんです。
・・・自己流ですが。

昨日もコンビニの手前でパンクしてしまったので、
コンビニの駐車場をお借りしてタイヤ交換しましたが、
所要時間は20分足らずでした。

※もちろん、事前にお店にもことわりましたし、
修理後お買い物もさせていただきました。
15台くらい停められる駐車場のはじっこでした。

いずれにしてもお店にご迷惑かけてしまいました。

ミニストップ某店舗の方がた
その節はありがとうございました。

そしてすみませんでした・・。

というのも、
まぁ、年間1万キロ以上は走ってますし、
何というか、
この10年でもうパンクは3度目?4度目?

なんですよね・・・

質問者の写真
こんな舗装されつくした日本の道路事情で
こんなにパンクしている人間も
そういないと思うのですが・・・

あと、趣味でキャンプをやっていることも
功を奏していて、
キャンプ用のツールが
意外とタイヤ交換にも役に立ちました。

その辺のことも含めて
この後詳しく解説させていただきましょう!

スポンサーリンク

慌てないタイヤ交換、マニュアル外の対応も伝授!!

ではここからマニュアル外のことも含めて
現実的な側面を重視したタイヤ交換についての流れを
解説していきます。

状況判断と、タイヤ交換の場所の選定

車の運転中に走りにズリズリっとした違和感があり、
パンクかなと思ったら

1:まずはできるだけ近場の安全な路肩に車を停めます。
(可能であれば駐車場など、車が通らないところ)

全てのタイヤをチェックし、パンクが発覚したら・・・

2:できるだけ近場でタイヤ交換ができる場所を探しましょう。

・パンクした状態での走行は走りが不安定で危険です。

・パンク状態で長く走ると、タイヤやホイールに傷がつき
買い換えしか道がなくなります。
(だいたいは買い換えになっちゃいますが・・・)

・路肩での作業は交通の邪魔になるのと、
何より他の車にはねられる危険があるので絶対にしないでください。

どんなところで作業するのがいいの・・・?

・平らなところで、地面が硬いところを選びましょう。
※傾斜があると、作業中に車が動く危険があります。
※地面が柔らかいとジャッキが不安定になり危険です。

・できるだけ明るいところを探しましょう。

・雨の時は、少し遠くてもできるだけ店舗の軒下や、屋根付き駐車場、
高架下など、雨の影響を受けにくいところがおすすめです。

CoCoの豆知識=準備編

質問者の写真
特に夕方から夜の場合は極力街灯や
お店の照明がとどくところでやる
といいですね。

暗いと作業が思うようにできませんし、
ナットを紛失してしまったり、
工具を置き忘れてしまうというミスも起こりにくくなります。

私はコンビニの駐車場で
作業をさせていただきましたが、
端の方だったので、結構暗かったです。

ですが、幸い車にHug Light(ハグライト)を常駐していましたので、
鼻歌を歌いながらの快適作業でした。

Hug Light(ハグライト)
ハグライト

質問者の写真
※Hug Light(ハグライト)
最近は売っていないみたいですが、
以前コストコで1パッケージに2個入っているものを
2,000円くらいで買いました。キャンプ道具としても秀逸で、
今ではないと困るレベルのものです。

最初に買ったものが壊れてしまい、
新しく買おうと思ったところ
売っているところがなかなか見つかりませんでした。なので見つけたときに
2セット(2x2=4本)まとめて買いました。

コストパフォーマンスもいいです。
クルマに常備しておくといいですよ!

かれとぴ編集後記

このあと

必要なもの と あるといいもの
タイヤタイヤ交換のやり方
その2!準備編

実際の交換方法
タイヤタイヤ交換のやり方
その3!実践編

についてこの後の記事で解説していきます。

サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ