バブル期のファッションアイテムと流行を振り返る!

バブル期にはやった小物や商品、流行語なども
あげればきりがありませんが、とりあえず
平野ノラさんが語るものを中心にご紹介してみます。

スポンサードリンク



やっぱり「鉄骨飲料」

鉄骨飲料,鷲尾いさ子

サントリーが出した鉄分とカルシウムを補うためのドリンクです。
鷲尾いさ子さんと鉄骨娘がダンスを踊るCMが評判でした。
振り付けは南流石(みなみさすが)さんだったと記憶しています。
鉄骨飲料自体は最近リバイバル発売したらしいです。
※ノラさんのおかげでしょうか??

今からしたら考えられない!携帯電話(ショルダーホン)

平野ノラさん扮するバブリー美奈子の必需品と言えば
肩から掛けている大きな携帯電話。
うそのような、ほんとの過去ではありますが、
ちょっと間違っているところもあります。
まずは平野ノラさんの携帯電話。
平野ノラ,携帯電話

こちらが本当の初期の携帯電話。
1985年発売のショルダーホン
重さは実に3㎏、8時間充電で使用は40分だそうです。
ショルダーホン

管理人CoCo管理人CoCo

かなり高額でしたし、今ほど必要性もなく
一部のバリバリ働くビジネスマンか
ヤンエグ(ヤングエクゼクティブ=若い企業役員)などが
ステイタスとして持っていたイメージですね。

当然私には無縁でした。

あれ?ノラさんの電話と比べて受話器が小さい??
と思ったら、
ノラさん自作のショルダーホンは、
第1世代のショルダーホンと、第2世代の携帯電話をかけ合わせたものでしたね。
でも、ノラさんの電話の方が本物っぽいから気にしな~い!

第2世代携帯電話
携帯電話,浅野温子

これだって、一般的には普及してないですよ。
トレンディドラマで見かけて

管理人CoCo管理人CoCo

おっしゃれ~!

と思ったくらいです。

ちなみに余談ですが、
今回の記事を書くにあたって、調べていたら
(市販していたわけじゃないようですが)
こんなギャグアイテムを作った人もいたみたいですよ。
iPhoneケース

管理人CoCo管理人CoCo

コードや箱形の部分は電話とは無関係ですが、
受話器にコードを通してあるので実際通話ができるそうです。

ばかですねぇ~!www
嫌いじゃないけど。

現代の電話と比べると全く別物・・・って
これも第2世代機と大きさはあまり変わらないかな??
ロボホン⇒ロボホンロボホン

スポンサードリンク



花金はギロッポンでねるとんパーティー!

まぁ、意味は分かると思いますが。
花金(ハナキン)=花の金曜日の意味です。

1週間の仕事を乗り切って、週末を満喫するための
入り口である金曜日を歓迎する意味で
”ハナキン”って言っていましたね。
花金

ギロッポンは業界用語(逆さ言葉)で六本木ですね。
業界用語を一般人が使うようになったのは、
やっぱりこの人たちの影響でしょう・・・
↓↓↓↓
フジテレビのことをCX(シーエックス)って言ったり、
みんなまねしてましたよね~。
とんねるず,ねるとん

(写真はとんねるずのお二人=タカさん、ノリさん)

管理人CoCo管理人CoCo

今では一般的にお見合いパーティーを意味する
”ねるとんパーティー”という言葉も、
伝説の人気番組「ねるとん紅鯨団」からきていますし、
そもそも”ねるとん”という言葉も”とんねるず”を意味する
業界用語からきているんですよ。

かれとぴ編集後記

バブル期の解説としてはあまりにも簡単ですが、
平野ノラさんをより深く楽しむための
助けになればいいと思って記事にしてみました。

そして何よりも書いていて楽しかった!!

まったく同じ流行が来るとは思わないんですが、
あの無駄に勢いがあって、ワクワクが溢れていた(気がする)
時代がまた来るといいのに・・・
な~んて思ったりもします。

毎日一生懸命働いて、

管理人CoCo管理人CoCo

<24時間はたらけますか?-リゲイン>

リゲイン,時任三郎

(写真は時任三郎さん)