気が付くと口ずさんでいる歌があったりしますよね?

だいたいはその時はやっている曲だったり、
たまたま何かのきっかけで思い出したりするんですが、
そういったきっかけもなくふと思い出してしまう曲。

私の中ではそんな曲のひとつに大滝詠一さんの
「幸せな結末」があります。

木村拓哉さんと松たか子さんが主演した月9ドラマ
「ラブジェネレーション」の主題歌としてリリースされた
ラブバラードです。

ノスタルジックな気持ちになる名曲で、
曲を思い出すうちに大滝詠一さんや名曲の数々について
もう少し詳しく知りたくなりました。

大滝さんの名前を知らなくても、
曲は聞いたことがあるというかたも多いはずです。

というわけで今回は大滝詠一さんについて
いろいろ調べてみたいと思います。

スポンサードリンク


大滝詠一さんてどんなひと?在りし日の大滝詠一について。

大滝詠一(おおたきえいいち)本名は大瀧榮一(読みは同じ)
1948年7月28日生まれ 岩手県出身
2013年12月30日没(満65歳)

大滝詠一

小学5年生の夏にコニー・フランシスが歌う「カラーに口紅」に魅了されて
アメリカンポップスにハマったということです。
※ラッツ&スターに楽曲提供した「Tシャツに口紅」のタイトルは
この「カラーに口紅」をもじったものですね。

洋楽だけではなく、小林旭や三橋美智也、クレイジーキャッツなど
邦楽やコミックソングなども幅広く聴いていたのが、
のちの音楽活動にも大きな影響を与えています。

高校時代にコミックバンドを組みたかったそうですが、
メンバーが集まらず断念。
しかたなくビートルズのようなタイプのバンドを組んだようですね。

しかたなく、というところがすでに大滝さんっぽいです。

バンド(はっぴいえんど)結成とデビュー

1968年に早稲田大学第二文学部に入学し、
在学中に細野晴臣氏や、松本隆氏と出会い1970年に「はっぴいえんど」を結成、
バンド名と同じ『はっぴいえんど』というアルバムでデビューしました。

はっぴいえんど

細野晴臣さん
のちにYMO(イエローマジックオーケストラ)のメンバー。

松本隆さん
のちに作詞家。松田聖子さんの曲の作詞を多く手掛けています。

鈴木茂さん
ギタリストのちにセッションミュージシャン、アレンジャーとして活躍しました。

ちなみに、スタジオジブリの名作「風の谷のナウシカ」の主題歌で
安田成美さんが歌う「風の谷のナウシカ」
作詞:松本隆さん、作曲:細野晴臣さんです。

驚き!

1972年に「はっぴいえんど」は正式に解散となりました。

原因は明らかにはされていないようですが、
どうやら音楽の方向性の違いによるものだったようですね。



スポンサードリンク





大滝詠一のソロ活動と「はっぴいえんど」解散後の動向

大滝さんは「はっぴいえんど」解散前からソロ活動をしていて、
1972年には『大滝詠一』という自らの名前をタイトルにしたアルバムも
リリースしていました。

そんな大滝さんですが、「はっぴいえんど」解散後は
ソロ活動をせずに、プロデュース業や、CM曲の制作という
道を選びました。

「ナイアガラ・レーベル」というプライベートレーベルを設立し、
作詞・作曲から、原盤管理など音楽を0から全て自らの手で生み出すことに
情熱をささげたようです。

ナイアガラはご存知カナダと北米の国境にある大きな滝です。
つまり「大滝」=「大きな滝」=「ナイアガラ」というネーミングですね。

ナイアガラレーベルのレコードは聞きごたえのある楽曲も多数ありますが、
趣味、趣向が強く出た作風の曲が多かったため、
商業的には失敗という判断がされ休業状態になってしまいました。

このあといよいよあの名盤が生まれます!
続きもどうぞお読みください。

スポンサードリンク



次のページ





お買い忘れはございませんか?