山下達郎クリスマスイブのアカペラの秘密とジャニーズや妻竹内まりやとの関係


ども、管理人CoCoです。

季節によって思い出される歌手っていますよね?

夏ならサザンオールスターズ、TUBE、湘南乃風、とか、
冬なら広瀬香美さんとかレミオロメンなど。

今回注目の山下達郎さんといえば、
冬、それもクリスマスイブに関連して
思い出されるシンガーさんだと思います。

まずは動画から。
曲のリリースはこれよりもだいぶ前ですが、やっぱり知名度を押し上げたのはこのCMでしょう。

揺るぎのない名曲ですね。
牧瀬里穂さんもかわいい!

でも、ご存知の方には言わずもがなですが、
達郎さんって夏の曲もいい曲多いですよね?
※「高気圧ガール」「踊ろよ、フィッシュ」などなど。

今日はそんな山下達郎さんについていろいろ調べていきます。

スポンサードリンク

山下達郎さんてどんなひと?プロフィールと略・略年表

早速達郎さんのプロフィールから見ていきましょう。

山下達郎

山下達郎(やましたたつろう)
1953年2月4日生まれ 東京都出身

明治大学法学部中退

1972年アマチュアバンドの仲間と自主制作でアルバムを作ったそうです。

このアルバムがきっかけで大貫妙子さんたちとバンド「シュガー・ベイブ」を結成したり、
大瀧詠一さんらのバンド「はっぴいえんど」の解散ライブで
バックコーラスを務めることになったのだとか。

1975年4月に大瀧詠一さんのプライベートレーベルであるナイアガラ・レーベルから、
シュガー・ベイブのメンバーとしてアルバム『ソングス』、
シングル「ダウンタウン」でデビューしました。

「ダウンタウン」
ダウンタウン

※このデビューシングル曲である「ダウンタウン」は
のちにEPOさんがカバーしていて、
さらにそののちEPOさんのカバーバージョンが
「おれたちひょうきん族」のエンディングテーマに使用されていましたね。

1976年に「シュガー・ベイブ」が解散、
山下達郎さんはアルバム『CIRCUS TOWN』でソロデビューを果たします。
※解散とソロデビューの間に、大瀧詠一さん、
シュガーベイブで一緒に活動をしていた伊藤銀次さんと3人で
『ナイアガラトライアングル』という企画アルバムを出しています。

『ナイアガラトライアングル』

Niagara Triangle Vol.1 30th Anniversary Edition
どちらかというと、
この後発売されるナイアガラトライアングルVol.2
(大瀧詠一+佐野元春+杉真理)の方が有名ですが、
こちらも「幸せにさよなら」とか、
名曲が詰まっています。

1980年にリリースしたシングル「RIDE ON TIME」が大ヒット
知名度が一気に上がります。
※こちらは木村拓哉さん主演の月9ドラマ「Good Luck!」の主題歌として再ブレイクしました。

Ride on time

1983年アルバム『MELODIES』が発売!
発売当時もヒットしたレコードでしたが、
のちにクリスマスの定番曲になる「クリスマス・イブ」
このアルバムに収められていました。

その後も精力的に活動を続け、
達郎さん自身の楽曲制作、ライブ活動に加え、
他のアーティストのプロデュースや、楽曲提供を行っています。

山下達郎その演奏者としての才能

山下達郎さんは音楽という切り口でだけでも
その多才ぶりが語れるアーティストの一人です。

まず、達郎さんが演奏できる楽器(のおもなところ)を
見てみましょう。

ギター、ベース、ドラムス、キーボード、パーカッション。

そうなんです。達郎さん一人でバンドができてしまうんですね。

実際ソロで出した2ndアルバム「スペイシー」は
ほとんど一人で演奏したものを、多重録音して生まれました。

そしてこの多重録音こそが、のちの達郎さんを決定づけます。

楽器のみならず、コーラスまで自分自身で歌い、
多重録音することで、ひとりアカペラコーラスが可能となりました。

「クリスマス・イブ」の途中で出てくるアカペラのコーラスも
全て達郎さんのお声です。

素敵ですね~。

そして、この強力な武器に気づいた達郎さんは、
このひとりアカペラコーラスに特化したアルバム、
『オン・ザ・ストリート・コーナー』をリリース、
山下達郎=ひとりアカペラ、というイメージを定着させました。

ON THE STREET CORNER 1


※正しくは「ア・カペラ」と表記するべきなのですが、
読みにくいのと、一般に「アカペラ」と言われることが多いので
そのまま書いています。

スポンサーリンク

山下達郎のプライベートな部分は?

ミュージシャンの方たち、特にビジュアルではなく
楽曲のパワーで支持を得ている方たちは
あまりプライベートを表に出さない傾向にあります。

達郎さんもそのおひとり。

一般的に知られている事実と言えば、
まず奥様があの竹内まりやさんであるということ。
竹内まりや

お二人がご結婚されたのは1982年の4月のことです。
まりやさんは同年に達郎さんが運営する「ムーンレコード」に移籍しました。

これ以降現在まで竹内まりやさんの楽曲は全て
夫である山下達郎さんの編曲、プロデュースとなっています。

お子さんについては明らかではありません。
(以前ネットで達郎さんに似ているという理由で
赤の他人を「山下達郎の子供」とした記事が出ていたようですが、
これは間違った情報ですのでご注意くださいませ)

ただし、その昔、ミュージシャン仲間である
杉真理(すぎまさみち)さんが語ったところによると、
達郎さんと、まりやさんにお子さんが生まれたときに
達郎さんから電話をもらい、その第一声が
「オレに似てなくてよかったよ~」
というものだったそうですから、
少なくとも生まれた当時はまりやさん似だったと思われます。

お二人のお子さんですから、音楽の才能はおありだと思います。

そのうちデビューなんていうこともあるかもしれませんね。

山下達郎が楽曲を提供するミュージシャンにはジャニーズも!

山下達郎さんが楽曲提供をする方たちの中には
ジャニーズのしかも第1線で活躍する方たちもいらっしゃいます。

例えば、近藤真彦さんには
大ヒットした映画で使われた「ハイティーン・ブギ」を含む5曲。

少年隊には珍しく秋元康さんの作詞で「湾岸スキーヤー」を。

KinKi Kidsには
「Kissから始まるミステリー」、「硝子の少年」、
「ジェットコースター・ロマンス」、「Happy Happy Greeting」

松本隆さんの歌詞とタッグを組んだ4曲すべてがスマッシュヒット!

NEWSには
山下智久さん(山ピー)がRap部分の詞を書いた「SNOW EXPRESS」を。

嵐には
竹内まりやさんが作詞し、夫婦合作の「復活LOVE」
それぞれ提供しています。

決して曲数は多くないものの、
その時代時代で一番人気のグループに楽曲提供しているのも、
山下達郎さんの音楽が幅広い世代に受けている証拠でしょう。

達郎ミュージックを幅広い世代に知ってもらうチャンスだと思います。

・・・もっとも「RIDE ON TIME (ライド・オン・タイム)」や
「クリスマス・イブ」など、いまだにTV番組やCMで使われますから、
間違いなく世代を超えた音楽になっているとは思います。

かれとぴ編集後記

私がいわゆるニューミュージックといわれる
今で言うJ-POPを聴きはじめたころには
すでに山下達郎さんはヒットメーカーでした。

レンタルレコード(まだCDの時代ではありませんでした)店で
レンタル落ちで中古品として買った、
もうすでに何人にも聴かれたであろうぼろぼろのレコードジャケットの
『Melodies』を聴いた時の感動は今でも思い起こすことができます。

『Melodies』

MELODIES
全編英語詞の「GUESS I’M DUMB」の意味を調べたり。
どちらかというとメロウな曲調が自分にはマッチしていたので、
「BLUE MIDNIGHT」とかは大好きでした。

今でもふとした時に口ずさむ曲のひとつです。

何度かリリースされているベスト盤の中でも
一番直近に出された3枚組ベスト・アルバム
『OPUS ALL TIME BEST 1975-2012』は
文字通り集大成の内容となっていますので、
ぜひ聴いてみてください。

OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜(通常盤)

達郎さんと一緒に青春時代を過ごした方なら、
あの頃を思い出せます!

達郎さんを知らない世代の方には、
「きれいなメロディってこういうのなんだ!」と
受け入れていただけると思います。

達郎さん、これからも多くなくていいので、
いい曲をわれわれに聴かせてくださいませ。

ということで、今回は山下達郎さんについていろいろ語ってみました。

サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ