マイク・ペンス氏は親日で日本の対米外交の肝だが戦略家!要注意!

ドナルド・トランプ氏が大統領に決まりましたね。

記憶にあるかないかは人それぞれではありますが、
ドナルド・トランプ氏の演説台などの選挙アイテムに
”TRUMP”(=トランプ)と大きく書いてあるその下に
トランプ氏の名前より一回り小さな字で
”PENCE”(=ペンス)と書いてあるのを見たことがあるでしょう。

このペンスとはドナルド・トランプ氏が
副大統領として指名していた人物なんですよね。

マイク・ペンス氏の経歴などは↓↓こちらをご覧ください。
⇒アメリカ副大統領マイク・ペンス氏の経歴と家族のおはなし

今回はこのマイク・ペンス氏が親日家であることが話題になっているので、
そのあたりを掘り下げたいと思います。

でもね。

親日家だといって喜んでばかりはいられないんですよ。

なんてったって、相手は

あの!あの!!あの!!!マイク・ペンス氏

ですからね!

スポンサードリンク

マイク・ペンス副大統領は親日家?その根拠は??日本との関係はどうなる???

マイク・ペンス氏は親日家だと一部のメディアにて報じられています。

果たしてその根拠は??

マイク・ペンス氏が親日家と言われる根拠

根拠1:
 報道によれば”外交筋からの情報”ではマイク・ペンス氏は親日家として有名だそうです。

根拠2:
 マイク・ペンス氏が州知事を務めるインディアナ州は日本企業の誘致がさかんです。
 マイク・ペンス氏自体も日本にも何度も訪れて熱心に企業誘致に動いていました。
 インディアナ州の公式サイト(日本語サイト)で日本向けに、関係強固が責務と言っています。

なるほど。

確かに報道で親日家と言われるのはわかる気がしますね。

ただ、上の根拠だけで親日家と決めつけるのはちょっとどうかとも思います。

マイク・ペンス氏はインディアナ州出身で、
そのインディアナ州の州知事になったのですから、
インディアナ州への思いはあるのでしょう。

そしてインディアナ州を活性化させるために
外国の企業誘致が必要、とりわけ日本企業がよさそう!と思ったら、
”インディアナ州のために”何度も来日したり、
企業誘致活動に積極的になったり、
ときには”ニホン ダイスキデス!”とか言うかもしれませんよね。

管理人CoCo
”ニホン ダイスキデス!”
と言ったという事実はありません。

フィクションですよ。

もっとも、
”インディアナ州をどげんとせんかいかん!”
とは言ったかもしれませんが・・・

あ、これも言ってないか。

ということで親日家というところにおいては
あまり信用ができないところではあります。

ただし、日本に好意的に立ち振る舞う可能性がないわけでもないんですよね。

なんつったって、マイク・ペンス氏は策士、あるいは戦略家のようですから。 

スポンサーリンク

マイク・ペンス副大統領はディベートが得意?!かなりの策士だというウワサ。

マイク・ペンス氏の親日家という情報は
うのみにできないようだということはご理解いただけたでしょうか?

しかしだからと言ってまだ悲観する段階でもありません。

なぜならマイク・ペンス氏は感情で動く人ではないですから。

私はマイク・ペンス氏が単純な好き、嫌いで判断せずに、
じっくりと状況判断をして戦略を立てる人だと見ています。

大統領選でもマイク・ペンス氏が果たした役割は多そうです。

具体的な例は先日投稿した記事にも書いたのですが、

マイク・ペンス氏は選挙に勝つために
畑違いのDJになるほどの男です。

また、副大統領候補同士の公開ディベート(=討論会)で、
有利と思われていたクリントン陣営の副大統領候補ティム・ケイン氏の
立て続けの厳しいトランプ氏批判について、
言いわけ、弁明もしないどころか、まったく議論をすり替え、
無傷で乗り切ったといわれていました。

結果、しつこく追及しまくったクリントン陣営が
かえってネチネチした印象になって
逆にマイナスになってしまったという見方です。

これらの状況をあわせて考えるならば、

ドナルド・トランプ大統領と
マイク・ペンス副大統領の政権下では

デメリットになることはできるだけやり過ごし、
メリットになることは多少の犠牲を払っても徹底的にやる、

という運営方針になると踏んでいます。

もちろん副大統領が外交の中心ではないので
マイク・ペンス氏にただおびえているわけではありませんが、
双方のメリット、デメリットを話し合うことで
最良の道を選んでいってほしいですね。

かれとぴ編集後記

ドナルド・トランプ氏の話題のときにも少し触れましたが、

選挙戦期間中は威勢のいいことばかり言っていたトランプ氏ですが、
実際に当選してからは少し態度が変わったようです。

イスラム教徒の排斥についてを自身のホームページから削除したとか、
オバマ大統領との会談は紳士的に行われたとか。

私の嫌いな不良の理論にはならないでほしいなぁ・・・

不良の理論とは?

私、管理人のCoCoが勝手に名づけたものですが、
もともとまじめな人がいい行いをしてもほとんど評価されないのに対し、
もともと素行が悪い人(=不良)がちょっとだけいいことをすると、
めちゃくちゃいい人と評価される不条理なシステムのこと。

ダマされちゃいけませんぜ!

ドナルド・トランプ氏はけっこうな発言をしたり、
差別的な政策を打ち出していましたぜ!

↑↑これはひとりごとですwww

そういうわけで、
マイク・ペンス氏の今後の動向にも注目です!
サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ