リポビタンDのCMが新しくなって、
WEB版でケイン・コスギさんが出演しています。

リポビタンD,ケインコスギ,ジェネレーションギャップ

実はケイン・コスギさんってリポビタンDのCMには1999年から、
センチュリー21のCMには2000年から出続けているんですね。

でも、考えてみるとそれ以外の活動って謎・・・

一時期はSASUKEにも出ていましたが、
最近はすっかり出ていませんしね・・・

ネットではケイン・コスギさんの筋肉やCMでのセリフに関して興味を持っている方が多いようです。

今日はケイン・コスギさんの現在について調べてみました。

スポンサードリンク


ケイン・コスギの経歴は?

まずはケイン・コスギさんのプロフィールです。
知っているつもりでしたが、知らないことがメチャありました!

ケイン・コスギKane Kosugi
本名:ケイン・タケシ・コスギ

1974年10月11日生まれ アメリカ・ロスアンジェルス出身
マラナサハイスクール卒業

国籍:アメリカ

父親はアメリカでアクションスターとして有名になった日本人のショー・コスギ(小杉正一)。
母親は中国人なので、ケインさんは日本と中国のハーフになります。

なので英語、日本語、中国語が話せます。

小さいときから父親に武道を習い、さまざまなスポーツもこなします。

デビューは1982年で、主に父親の作品に子役として出演しました。

高校卒業時に俳優志望であることを父親のショー・コスギさんに伝えたところ、
日本での修行を提案されて来日することになります。

1993年には日本で俳優デビューしましたが、
父親からの資金援助はなく、バイトしながらの生活だったため、
お金には苦労したようです。

ドラマへの出演もコンスタントにありましたが、
日本でのケイン・コスギさんの知名度を上げたのは何といっても
1997年から2004年ころまで多く出演したスポーツバラエティでしょう。

特に筋肉番付やSASUKEでスポーツ万能なところを見せつけ、
数々の記録を残しています。

このバラエティの出演をきっかけにCMでも多く見かけるようになりましたね。

日本で知名度と人気が上がっている数年間で、
独立、父との絶縁、ハリウッド再デビュー、台湾人女性との結婚と
様々な経験をしました。

管理人CoCo管理人CoCo

お父さんとの絶縁は、独立のときにお父さんの弟子を引き抜いたことが原因だそうですが、
ケインさんの結婚を期に仲直りしたそうです。

良かったですね。

ケイン・コスギの2017年現在は?筋肉や仕事は??

2017年現在も活動の拠点は日本だそうですが、
日本での仕事よりも、ハリウッドや韓国、中国など海外での活躍が目立っているようです。

最新のケインさんの姿は、2大ロングキャスティングのCMで観られますね。

センチュリー21

まぁ、これは最近も流れますが、1995年ころの姿のようです。

リポビタンD WEB限定

リポビタンDのWEB限定CMが2017年最新のケイン・コスギさんの姿ですね。

ボルダリングは慣れないらしく、苦労したようです。

でも40才を超えても相変わらず運動神経は素晴らしいようで、
懐かしのモンスターズボックス(とび箱)はいまだに19段も飛べるんですね。

管理人CoCo管理人CoCo

スゴい・・・

2016年の映画テラフォーマーズでゴッドリーを演じました。

インスタグラムは更新されていますし、公式サイトも比較的新しい情報になっていますが、
最新情報は日本語、英語、中国語のいずれでも見つけられませんでした。

一応2017年に中国映画で主演という話がありましたが、
これも詳しいところはわかりませんでした。

ということで、最新のケイン・コスギさん情報は、
インスタとリポビタンDのWEB CMがほぼ全てです。

今回リポDのWEB CMでケイン・コスギさんに
“ジェネレーション・ギャップ”
と言わせたように、
残念ながらリポビタンDのCMもそろそろ世代交代の気がしますし、
だんだん日本のテレビでケインさんが見られなくなってくる気がします。



スポンサードリンク


かれとぴ編集後記

40才を過ぎてもあいかわらず、イケメンだし、アクションはできるのですが、
やっぱり日本語はたどたどしいままですね。

きっとこのあたりが
日本で活躍しきれない要因ではないでしょうか。

中国語に関しては、
どの程度か話せるのかはわかりませんが、
奥様が香港の方でもありますし、
まだまだ伸びしろでしょう。

ハリウッド映画もここ数年は、
中国を無視しては作れない、というような風潮になってきていますし、
英語と中国語を話せるアジア系のアクションスターは需要があると思います。

もうすでに海外の活動のほうが多いようですし、
気がついたらハリウッドスターとして活躍しているかもしれませんね。

いつの日か再びSASUKEにチャレンジしてほしいと思います。

スポンサードリンク



ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。
最後までお読みいただきまことにありがとうございます。
サイトマップ(記事一覧)




お買い忘れはございませんか?