「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」がいよいよスペシャルをやるそうですね!
7月2日(日)の18:30から21:00だそうです。

いきなりイッテQにぶつけてきたんですね!

やるな、テレ朝。

さて今回も毎度おなじみの部族アースのナスDこと、友寄隆英ディレクターについて書いていくのですが、今回はナスDがもっともっと好きになる記事を目指しました!

ナスD,部族アース,友寄隆英

ナスDが黒くなったのはウィトのせいだけじゃなかった!
そこに関係していたのはナスDのある性格でした。

ナスDの年齢や妻、豪華客船アースのREINAさんのことなど話題いっぱい
関連記事:ナスD記事色々、陸海空こんな時間に地球征服するなんて特集
管理人CoCo管理人CoCo

たま~に、番組タイトルを”こんな時間に世界征服するなんて”って間違えちゃうんですよね・・・

さっそく見ていきましょう!

スポンサードリンク


ナスDこと友寄隆英ディレクターが黒くなった本当の理由とは??

以前の記事でナスディレクターが黒くなった原因として、ウィトのことを調べました。

ウィトとはゲニパ・アメリカーナとも呼ばれ、その成分であるゲニピンが皮膚のタンパク質と合わさることで黒くなって・・・
みたいな内容です。

その記事では黒いのが治るのか?おちるのか?っていうことも書いていますので、ご興味がある方はぜひご覧ください。

ただ、成分的にはウィトが原因で黒くなったのは間違いがないところなんですが、
ナスDについて調べていくうちに、”黒くなった原因はウィトだけじゃないな。”
そう思うようになりました。

一番の原因はナスDこと友寄隆英ディレクターの性格にあるんだと気づいたんです。

今回はそれを検証していきたいと思います。

ナスD = 友寄隆英ディレクターの性格は?

初めて「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」の部族アースのコーナーを見たひとはまず、友寄隆英ディレクターのインパクトにおどろきますよね?

その感想は
“何だ、このひと!おもしろ~!”
だったかもしれませんし、
“変わってるし、フザケてんな~”
だったかもしれません。

でも、あるときふと、気づくんですよね。

管理人CoCo管理人CoCo

このひと、全然フザケてない!大まじめにやってるんだ!

そして、その真面目さこそが面白さを産んでいる理由でもあり、
全身真っ黒になったナスD誕生の理由でもあるんです。

友寄隆英ディレクターの過去のインタビューや、周りの人たちの話を聞くと、そう思うようになりました。

ナスD = 友寄隆英ディレクターが黒くなってしまった真の理由とは!

かつてのインタビューで

努力する事は誰にも負けない自信があります。
(中略)
演者の気持ちとか人の気持ちをちゃんと考えられる人は良い番組を作れると思ってます。

と語っていました。

また友寄ディレクターは自分のことを“頭が悪いし何もないから人一倍努力しなければいけない”と言いますし、
企画でも現場でも誰かにテストをさせるのではなく、まず自分でやってみるそうです。

例えば以前GP(ゼネラルプロデューサー)として関わった「いきなり黄金伝説!」でも、
出演者が実際に行う前に企画のシュミレーションで、ケーキを100個食べたり、マグロだけで生活してみたそうです。

本来番組で一番偉いはずのGPが率先してやるというのも前代未聞ですが、
その行動によって、部下も演者も一体となっていい番組づくりをしようと思えたんですね。

つまり、今回の「陸海空」のロケで黒くなってしまったのも、現地の人がすすめる何だかわからないものを率先して顔や体に塗ったことが原因であり、それは友寄隆英ディレクターが番組を本気でいいものにしようと、原住民の生活に積極的に関わる姿勢が産んだ副産物だったといえるでしょう。

そして真面目なナスDは黒い顔になってしまったことに後悔はないと言い切りました。

管理人CoCo管理人CoCo

漢ですねぇ。

そして一生取れないかもしれないくらい黒くなってしまってなお、”U字工事に迷惑をかけちゃう。”という気づかい。

誰もがナスDに魅了されてしまいますね。

陸海空こんな時間に地球征服するなんてのナスDの”黄金伝説”を振り返り!

ちょっと真面目に語りすぎたかもしれませんが、みんなナスDを好きになっていると思います。

これって人間力ですよね。

ここからはスペシャルで放送されるかどうかあやしいですが、陸海空こんな時間に地球征服するなんてナスDこと友寄隆英ディレクターが過去放送で見せた黄金伝説について紹介してみたいと思います。

友寄ディレクターの黄金伝説はレギュラー放送になった「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」の前に放送された特番、
陸海空・世界一周するなんてのときから始まっていました。

その粘液が美容にいいといわれているアマゾンに生息する巨大かたつむり”クンクン”を食べたり、毒でしびれて浮いてきた小魚を生で食べたり、と、未開のジャングルに住む原住民でさえも引いてしまうような行動をとってきたんです。

その行動はとどまるところを知らず、レギュラー放送が始まっても・・・
ナスD,部族アース,友寄隆英

現地の人が飲んでいるというにごった川の水を”おいしい、おいしい”と、何倍もがぶがぶ飲んだり、

ナスD,部族アース,友寄隆英

現地の人が冗談でその場にいたバッタみたいなカマキリみたいな虫を「食べてみろ」と言うと疑いもせずたべてみたりしました。
※現地の人でも食べないという、ただの虫です

あとは、おなじみのウィトという果物の汁を”美容にいい”という理由で、
「ここに来て美容ありがてぇ」
と、体中に塗りたくって真っ黒になりました。

奇行ばかりでなく、3日間ほとんど寝ずにアマゾンの船ヘンリー号の取材を続けたり、
乗客であるにもかかわらず、停まるすべての島でほかの乗客の荷物の積み下ろしを手伝ったり、
あげく、副船長にコキ使われる始末。

こんなに一生懸命やっているのに、やればやるほど面白くなって、しかもいとおしい存在のナスDをこれからもずっと見続けたいと思っちゃいます。

ほんとにイッテQにガチンコ勝負するだけありますよね。
いや、ナスDのキャラなら出川哲郎さんにも勝てるかもしれない・・・。

マジ。録画機能がない人はレコーダー買った方がいいんじゃないか、っていうほど。



スポンサードリンク





かれとぴ編集後記

番組公式のインスタで投票していた番組イメージキャラクターの原案が決まったみたいです。

架空の少年っぽいキャラクターを差し置いて、ナスDモチーフのキャラが選ばれました。
ナスD,部族アース,友寄隆英

ま。
ある意味当然といえば当然ですね。

これで文字通り、ナスD = 友寄隆英ディレクターが番組の命運を握ったようなものですね。

まじめで一生懸命ではあるけれど、周囲、特に演者に敬意を払って表に立ってこなかった友寄隆英ディレクターが今後どういう活躍をするか、目が離せません!

スポンサードリンク



ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。
最後までお読みいただきまことにありがとうございます。
サイトマップ(記事一覧)




お買い忘れはございませんか?