堀江翔太がサンウルブズメンバーに!英語力も妻子も手にした男の首は手術後大丈夫?


ども、管理人CoCoです。

サンウルブズのメンバーが発表になりましたね。

意外な選手も名前が挙がっていましたが、
大半は予想通り、前回のワールドカップのスコッドメンバーでしたね。

そしてそんな予想されていたメンバーの中でも、
真っ先に報道されていたのが堀江翔太選手でした。

堀江翔太

チームの柱としても評価の高い堀江選手。

今回はそんな堀江選手にスポットを当ててみたいと思います。

まずは動画から。
ボール回しのテクがすごいです。

※極力難しい単語、略語にはリンクを貼っていますが、
わからない略語、用語、単語がありましたら、
⇒かれとぴラグビー用語辞典をご参照ください。

スポンサードリンク

堀江翔太ってどんなひと?おもてがわ!

堀江翔太(Shota Horie)
1986年1月21日生まれ 大阪府出身
身長:180㎝ 体重105㎏
所属:パナソニック ワイルドナイツ(TL)
:サンウルブズ(SR)

堀江翔太 サンウルブズ

ポジション:FW(HO)
キャップ:42

所属歴:
島本高校⇒帝京大学

今でこそ不動のレギュラーである堀江選手ですが、
実はラグビーを始めたのは高校から、という遅咲き。

中学時代はバスケットボール部で、
本人曰く「動けるでぶっちょ」だったそうです。

高校から始めたというラグビーに天性の才能を見出し、
大学はラグビー強豪の帝京大学へ進学しました。

しかも、その帝京大学ではラグビー部のキャプテンを務め、
大学選手権ではベスト4に進むほどの実力をつけていました。

大学当時はFW第三列だったのですが、社会人になってHOに転向しています。

スポンサーリンク

堀江選手の実力を物語る3つの逸話と首の手術の話

堀江選手の実力を語る逸話は数多くありますが、
ここではその中のほんの一握りをご紹介しましょう。

・2013年、2014年とスーパーラグビーのレベルズと契約、
 本場の試合の中でプレー経験をつみました。
 ※堀江選手はスーパーラグビーで初めてプレーした日本人のFW選手です。

・スーパーラグビーでの堀江選手の活躍を見て、
 2015年WC代表監督のエディージョーンズ氏(エディーさん)が
 堀江選手はスーパーラグビーでも十分戦える力を持っていると評価していました。

・2015年ラグビーワールドカップで日本代表チームの
 キャプテンを務めた⇒リーチ・マイケル選手が堀江選手のことを
 次回2020年のワールドカップの代表チームキャプテン候補のひとり、
 と名前をあげています。 

そんな堀江選手ですが、2015年シーズンはTLではキャプテンとして
パナソニックワイルドナイツを優勝に導いたものの、
首に負傷し、スーパーラグビー参戦を断念しています。

原因は度重なるスクラムで首の骨が削れ、神経を傷つけたからだそうです。
何だか、想像しただけでも顔が歪んじゃいますね。
手術も場所が場所だけに7時間にも及ぶ大手術だったらしいです。

100%に戻ることはもうない、と覚悟しながらも、
苦しいリハビリに耐え、第一線に戻ってきました。
その体で、2015年WCではチームに貢献した姿は感動ものでしたね!

堀江翔太ってどんなひと?うらがわ!

堀江選手はラグビー以外の話題も豊富です。

まずは、家族の話。
堀江選手はご結婚されていて、お嬢さんが一人います。

堀江選手はこのお嬢さんにぞっこんで、
たびたびツイッターに写真をアップしています。

堀江翔太 サンウルブズ

そして、上の写真でもデスメタル系のバンドのTシャツを着ていますが、
ロック、メタル、デスメタル系を中心に音楽もかなり好きらしいです。

堀江選手自体もギター、沖縄三味線(!)の演奏をするのが趣味なんだとか。
手先が器用なんですね。だからボール回しもうまいんでしょうね・・・。

それから、ラグビー界切ってのおしゃれさんで、
ファッションにもこだわりがあるようです。

特に帽子が好きらしく、かなりの数をコレクションしているみたいですよ。

堀江翔太 サンウルブズ

ネットでは堀江選手は英語がかなり堪能だという
うわさが広がっているみたいですね。

そして調べてみると、それがどうやら事実らしいという
結論に至りました!

それもそのはず、
堀江選手は大学卒業後にスーパーラグビーのチームで
プレーすることを熱望して、
2008年卒業と同時にニュージーランドのラグビー育成組織に出向いたそうです。

2009年に、一度はあきらめて日本に戻るも、
再度2011年にニュージーランドに行き、ついに現地国内チームで試合に出場!

2012年には念願のスーパーラグビーチームのプレーヤーとなりました。

SHOTA HORIE LEVELS

ラグビーでの夢をかなえるための手段として、英語が必要だったんですね。

海外でプレーするにも、国際試合でキャプテンをするにも
堀江選手の未来に大きくプラスになる能力ですね。

かれとぴ編集後記

国際試合の経験が少ない選手が多い日本チームにあって、
堀江選手がサンウルブズに加入した意味は大きいと思います。

キャプテンになるかはまだ分かりませんが、
チームリーダーとしてサンウルブズを引っ張っていってほしいです。

がんばれ!堀江!
がんばれ!サンウルブズ!
Break the Line!

サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ