ジェイミー・ジョセフがラグビー日本代表監督(HC)に!コーチとしての経歴や手腕は?


ども、管理人CoCoです。

2019年ワールドカップに向けたラグビー日本代表の
ヘッドコーチにジェイミー・ジョセフ氏の就任が
正式決定しました。

↓↓以前の記事はこちら↓↓
サンウルブズサンウルブズ 
HC2-混迷
サンウルブズサンウルブズ 
HC3-内定

これでようやく指揮官不在という、
当面の深刻な課題は解決しましたね。

まずは動画をご覧いただきましょう。

ジョセフ氏がどれだけ情熱的に、かつ具体的に指導しているかがわかる動画ですね。

日本でのプレー経験もあり、
日本のラグビーに理解があるジョセフ氏ですが、
ここでもう一度プロフィールや経歴、
その手腕をもう一度くわしく調べてみましょう!

以下、親しみを込めて「ジェイミーさん」と書かせていただきます。

スポンサードリンク

ジェイミー・ジョセフってどんなひと?さくら組のかしらのおもてがわ!

まずはジェイミーさんのプロフィールから再チェックしましょう。
ジェイミー・ジョセフ

ジェイミー・ジョセフ(Jamie Joseph)
フルネームはJames Whitinui Joseph

1969年11月21日生まれ ニュージーランド・マールボロ出身
身長:196㎝ 体重105㎏

オタゴ大学卒
ポジション:フランカー(ロックの経験もあり)

選手歴:
1989年-1995年:ニュージーランド・オタゴ州代表
1991年-1995年:ニュージーランド・マオリ代表(現在のマオリ・オールブラックス)

1992年-1995年にニュージーランド代表として20CAPの実績があります。

スーパーラグビーには参戦していませんが、
1995年のワールドカップではニュージーランド代表として出場し、
準優勝しました。
※当時はまだスーパーラグビーそのものがなく、
前身のスーパー10が始まったばかりでした。

その後1995年から2000年まで
日本のサニックス(現在のサニックブルース)に在籍し、
日本代表としても1999年のワールドカップに出場し、9CAP持っています。

ジェイミー・ジョセフ

写真は日本代表として1995年のワールドカップに出たときのものです。

コーチ歴:
2003年-2007年:ウェリントン(アシスタントコーチ)
2008年-2010年:ウェリントン(ヘッドコーチ)
2010年-2012年:マオリ・オールブラックス(ヘッドコーチ)
2011年-2016年:スーパーラグビー・ハイランダーズ(ヘッドコーチ)
※ハイランダーズ2015年リーグ優勝
2015年:バーバリアンズ(ヘッドコーチ)
2016年- :日本代表チームのヘッドコーチとして就任

日本以外は全てニュージーランドのチームです

日本代表のHC就任はスーパーラグビーシーズン終了後ということです。
実際の監督就任は8月ごろという感じですね?

スポンサーリンク

ジェイミー・ジョセフの評価、手腕は?

難航していた監督選びでしたが、
日本でのプレー経験と、国際試合での監督経験が
今回の代表HC選考で高く評価されたようです。

ではジェイミーさんのコーチとしての評価はどうなのでしょうか?

まず数字で見てみるとわかり易いでしょう。

ジェイミー・ジョセフの輝かしい実績

ジェイミーさんが現在指揮を執っているスーパーラグビーのハイランダーズは
かつて3年間で10勝しかしていない、いわゆる”パッとしない”チームでした。

しかし、ジェイミーさんが就任するや否や、
1年目の2011年に8勝、翌2012年は9勝と勝てるチームに育っていき、
2014年にはプレーオフに進出できるほどに成長しました。

そしてついに2015年優勝!
ジェイミーさんの手腕によるところが大きかったようです。

ジェイミー・ジョセフ

ジェイミー・ジョセフの指導方法、方針

冒頭のビデオでご覧いただいたように、
ジェイミーさんの指導は、具体的で熱がこもっています。

ハイランダーズでプレーする日本人、田中史朗選手によると、
ジェイミーさんは”皆と一緒になって楽しい話をすることもあれば、ボスらしい威圧感もある”
ということです。
技術力だけではなく、プレーに気持ちが入っていないと注意を受けるそうですので、
気持ちを大事にする日本人に合っているのではないか、と分析していました。

もちろん、急に常勝チームになるのは並大抵のことではないでしょうが、
エディさんがともしていった火を消さずに
少しでも大きな炎にして欲しいものです。

ちなみにジェイミーさんには3人のお子さんがいらっしゃるそうです。
写真は以前メディアのインタビューで紹介されたものです。
※2007年頃のものです。
ジェイミー・ジョセフ

ひとたびグラウンドを離れれば、良きパパなんでしょうね。

かれとぴ編集後記

ジェイミーさんのことを調べれば調べるほど、
日本代表のコーチとして適任なのではないか
という気持ちが高まってきます。

ただ、いくつかの不安も残ります。

1:ジェイミーさんの着任が8月くらいになってしまうこと。
・・・さらなる成長が必要な日本にとって、時間は貴重です。

2:サンウルブズのHCと日本代表HCが一本化できなかったこと。
・・・多くの選手がどちらにも名前を連ねるはずなので、どこまで方針が統一できるかが鍵です。

3:ジェイミーさんの指導は、アシスタントコーチ次第で成果が大きく変わるといわれること。
・・・ジェイミーさんの指導がより効果を発揮するようなアシスタントコーチが連れてこられるかも重要なようです。

それでもなお、ジェイミーさんの就任決定のニュースは
ラグビーファンに期待と安堵をもたらしたことと思います。

あとは一日も早く、
新生「ジェイミージャパン」をわれわれに見せて欲しいですね。

活躍期待しています!
がんばれ!ジェイミージャパン!

サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ