7人制ラグビー セブンズ/サクラセブンズを応援しよう!


ども、管理人CoCoです。

7人制ラグビーのことをセブンズといいます。
※念のため・・・通常は15人制です。

sevens002

用語や、ルール、などは⇒基礎知識をご参照ください。

2016年のリオデジャネイロオリンピックから正式種目になります。

・・・つまり、2020年の東京オリンピックでも、セブンズが見られる!!
ってことですね。

これは嬉しい。

スポンサードリンク

その他の大会は?

sevens003

セブンズワールドカップも4年に一度開かれます。

一度仕切り直しをしたため、
前回大会の2013年から数えると5年後になりますが、
その代わり、オリンピックの開催年の中間に行われることになりました。

次回は2018年にアメリカのサンフランシスコで
開催されることになっています。

大きな大会に焦点を当てると、

2016年 リオデジャネイロ オリンピック

2018年 サンフランシスコ ワールドカップ

2020年 東京 オリンピック

というのが、今後のスケジュールになります。

スポンサーリンク

まずはリオ!

一番近い大会は2016年 リオデジャネイロ オリンピックとなります。

本大会まではまだ日にちがあるように見えますが、
オリンピック出場の切符をかけたアジア予選が

2015年11月7日(土)、8日(日)の2日間
男女ともに香港スタジアムで行われます。

男子セブンズ大会概要

男子は10か国が戦い、優勝するとオリンピック出場が決定しますが、
2~4位なら、2016年6月に行われる世界最終予選で
再度オリンピック本選出場をかけて戦わなくてはなりません。

しかも、最終予選には各地域の敗退国の中から上位チームが集まります。
アジア3チーム、アフリカ3チーム、ヨーロッパ4チーム、
北米・カリブ2チーム、オセアニア2チーム、南米2チームの
合計16チームが集まりますが、
残る出場枠は、たったの1つ!

かなりの狭き門になってしまいます。

つまり、今回の予選で優勝できなければ、
たとえ予選で2位~4位になっても、
オリンピック直前まで出られるかどうかがわからない、
という事態になります。

ぜひとも、今回で本選出場を決めるべく、
優勝を目指してほしいものです。

日本男子セブンズは予選突破できる?

今回の予選に出場する国は、日本を含め全部で10か国です。
その10か国をプールAとプールBの2つのグループに分け、
それぞれのグループで総当たりをします。

その後、それぞれのプールでの順位に応じた位置から、
順位決定戦をおこなっていきます。
(で、合っていると思います。)

今回、日本はプールAに属しています。
日本が総当たりで対戦するチームは、

韓国 中国 シンガポール 中華台北 の4か国(日本を含めた5か国)

対するプールBは
予選開催地の香港を筆頭に、スリランカ、マレーシア、フィリピン、イラン

という国々になっています。

気になる対戦国の強さなんですが、
今回の10か国は日本と香港を除いて
セブンズのワールドシリーズにも参戦していないようです。

ですので、香港がプールBになっていることも考えると、
プールAで1位になるのはそれほど苦労しないと予想されます。

つまり、ズバリ!
恐らくプールBを勝ち上がってくるであろう
予選開催国の香港と、アウェイの環境でいかに戦うか!
が、焦点
だと思います。

記事を書いている今、
残念なことにワールドカップで日本代表チームの主将を務めた
東芝の⇒リーチマイケル選手が今回のセブンズ予選を出場辞退する、
というニュースが入ってきました。

それでも、日本代表男子セブンズはやってくれると信じています!

女子セブンズ大会概要

女子セブンズのアジア予選は出場予定国のうち、
タイと韓国が不参加となったため、全6か国で争う形になりました。

参加国は、日本のほか、中国、グアム、香港、カザフスタン、スリランカです。

11月7日(土)、8日(日)に香港で行われる第1戦と、
11月28日(土)、29日(日)に日本の秩父宮ラグビー場で行われる第2戦の
合計ポイント1位の国がオリンピック出場権を獲得できます。

香港第1戦も、日本開催の第2戦も同じ方式で、
6チーム総当たりでポイントを奪い合い、
ポイント数1位対2位で決勝、3位と4位で3位4位決定戦、5位と6位で5位6位決定戦を戦います。

サクラセブンズは予選突破できるの?

sakura

セブンズ女子日本代表(以下愛称の”サクラセブンズ”を使用します)は
実はラグビー経験の浅い選手も少なくありません。

なので、通常で考えれば予選突破というのはかなり高いハードルだと思います。

それでも、サクラセブンズには予選突破を現実のものにするための
いい材料がたくさん揃っています。

それは・・・
1:コーチの浅見 敬子さんが凄腕!
・・・ラグビー大国ニュージーランドでのプレイ経験もあり、
   指導力に定評がある浅見コーチがサクラセブンズの力を引き上げた!

2:2国が不参加で確率が上がった!
・・・タイと韓国の不参加で、確率が1/6に!

3:スタミナがついて運動量が上がった!
・・・15人制以上にスタミナの消耗が激しい、
   短期決戦型のセブンズの試合では持久力がものを言います。

4:とにかく明るい!
・・・”安心してください!”と言ったかどうかはわかりませんが、
   メンバーがとにかく明るく、前向きです!

リオオリンピック
女子選手かわいい画像付き完全リスト

ア行~サ行
タ行~ハ行
マ行~ワ行

かれとぴ編集後記

サクラセブンズのポスターのセリフじゃないですが、
”次に世界を驚かすのは、私たちだ!”

いい驚きができることを期待して応援しましょう!

サイトマップ(記事一覧)

ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ