サクラセブンズメンバー:山口 真理恵/かわいいだけじゃないりりまゆラガール!


ども、管理人CoCoです。

サクラセブンズの試合を見るなら、絶対に注目してほしいのが
この山口真理恵選手!
sevens013

TVに出るたびにヴィジュアルに注目され、
知名度もガンガン上がっていますが、
知れば知るほど、彼女が生粋のラガールであることがわかります!

まずは、こちらをご覧ください。

再生後、動画枠右下のボタンから拡大しての視聴がおすすめです。

ジャージが黒vs赤の時は黒の9番、赤vs青の時は赤の9番が山口選手です。
特に3:30あたりのシーンを見ると他の選手には申し訳ありませんが、
笑ってしまうくらい空気感が変わるのがわかります。

この動画を見ただけで、山口選手のすごさがわかりますよね?

では山口選手ついて詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

山口真理恵選手ってどんなひと?

山口真理恵(やまぐち まりえ)

sevens017

1989年10月22日生まれ 神奈川出身
159㎝ 58㎏

ポジション SO/WTB/FB
キャップ -

所属 -
チーム Rugirl-7

小学生時代にタグラグビーを始め、いくつもの試合で優勝したそうです。
中学生になると、本格的なラグビーを始め
中2でユースの強化選手に選ばれるなど、
早くも頭角をあらわしていたようです。

しかも、足が速く、陸上のランナーとしても評価されていたとか。

高校では日常的に男子のラグビー部で一緒に練習を行うなど、
ハードなトレーニングもしていたそうです。
一方で東京フェニックスにも籍を置いて、高校生ながら試合に出場する機会も得ました。

高1でユース代表としてニュージーランド遠征
高2で日本代表に選出されるなど
若くして日本女子ラグビー界の中心選手になりました。

高校を卒業すると、ラグビー留学のために英語を学んで、
オーストラリアに行き、州代表で全国大会優勝を経験したそうです。

sevens016

※山口選手は、以降オーストラリアや、ニュージーランドに渡り、
ラグビー修行を経験しています。

帰国後はクラブチームRugirl-7に籍を置き活動しています。
2年ほどは、クラブチームの雇用支援会社で仕事もしていたようですが、
現在は退社し、ラグビーに専念しているようです。

山口選手はセブンズのほか、15人制の日本代表にも選ばれています。

スポンサーリンク

ラグビーを始めたきっかけは?

どうやら山口選手がラグビーを始めたのは、
山口選手と同じく日本代表の鈴木陽子選手のお父さんに騙されたかららしい?!ですね。

小学生時代、家が近所だった山口選手と鈴木選手が公園で遊んでいると、
鈴木選手のお父さんが声をかけてきて、
一緒に鬼ごっこをすることになったそうです。

実はそれがタグラグビーだったそうです。
お父さん、策士ですな。(笑)

ちなみに、ご近所の遊び仲間には鈴木彩香選手もいたそうですから、
もしかすると、鈴木陽子選手のお父さんの存在がなかったら、
日本女子ラグビーの”今”が全く違うものになっていた可能性もありますね。

山口選手が語るラグビーの魅力

かつてインタビュー記事では、
ラグビーの魅力について”飽きないところ”と答えていました。

具体的には、毎年のようにルールが変わったり、
メンバーが入れ替わったりと常に追求することがたくさんあるから、
ということだそうです。

また、パス、キック、タックルなど、一競技の中に
多彩な要素が含まれているところも魅力だと言います。

きっと山口選手は変化を好み、チャレンジすることを良しとする
前向きで、活動的な人なんだと思います。

リオオリンピック
女子選手かわいい画像付き完全リスト

ア行~サ行
タ行~ハ行
マ行~ワ行

かれとぴ編集後記

きりっとした眉がかっこよく、
時にはメンバーから”まゆげいじり”をされるという
山口選手の愛称は”まりえ”。

山口選手は明るく元気な姿と、かわいいと評判のルックスが
たびたび注目されてきました。

調べていくと、本当にストイックにラグビーと向かい合う姿が、
彼女の一番の魅力だとわかりました。

例えば、オリンピックにしても、
日本の現状把握と分析が冷静にできているようです。

「目標は大きく持ちたいですが、口で言っているだけではダメ」といい
まずは出場枠を獲得したい、と地に足の着いたコメントをされていました。

日本では競技人口もまだ多くなく、異種競技からの転身が多いメンバーの中、
人生の大半がラグビー一色の山口選手、注目せずにはいられませんね。

がんばれニッポン!
がんばれサクラセブンズ!!

サイトマップ(記事一覧)

ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ