リオオリンピックに向けたアジア予選東京大会で、
7トライという活躍を見せたのが、
サクラセブンズ最年少の小出深冬選手です!

小出深冬,ラグビー,サクラセブンズ

特に決勝の対カザフスタン戦では、
同点からの貴重な勝ち越しトライを決めて
”勝ってオリンピック行きを決めたい!”という
みんなの願いを形にしました。

今回はそんな魅惑のステップ、小出深冬選手にスポットを当てて
紹介してみたいと思います!

スポンサードリンク


小出深冬選手ってどんなひと?

小出深冬(こいで みふゆ)
sevens109

1995年12月21日生まれ 神奈川県出身
165㎝ 58㎏

ポジション BK
キャップ -

所属 東京学芸大学
チーム ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

小出深冬のあゆみ

弟さんが通っていた子供向けラグビー体験コースで
女子のタグラグビーをやったことがきっかけで、
小学校2年生からラグビーをはじめたそうです。

その後中学から本格的にラグビーをやり始めますが、
同時に陸上部も掛け持ちで所属していました。

これは陸上部での経験が”ラグビーに生かせるかもしれない”
と思ったからだそう。

現在は東京学芸大学でラグビー部に所属しています。

また、クラブチームとしては
サクラセブンズ及びサクラフィフティーンの
多くの選手が所属しているARUKAS QUEEN KUMAGAYA
のメンバーでもあります。

小出選手のアピールポイントと課題

ステップに自信を持っている小出選手。

ステップで相手を抜いてボールを前に前に運び、
トライを奪いに行くスタイルが自分らしいということです。

背筋を伸ばして走る姿をチームメイトは
「勇者モード」と呼んでいるそうです。

一方でタックルを腕で払いのける相手のプレー
(ハンドオフ)で倒されたり、
相手のタックルで吹き飛ばされてしまうことが多かったと言います。

小出選手はこのウィークポイントを補うために、
現在は上半身中心に筋力強化に励んでいるといいます。

小出深冬が語るラグビーの魅力は?

タックルや、トライよりも仲間を生かしている
プレーをしている選手に魅力を感じると小出選手。

また、自分自身がステップを得意としていることもあり、
ステップが素晴らしい選手に感動するようですね。

小出深冬はEXILE大好き

sevens111

チームイチ EXILEが大好きなようです。

同じくEXILE好きというチームメイトの
桑井亜乃選手とはEXILEつながりで
とても仲がいいみたいですね。

sevens112

桑井選手、小出選手を妹のようにかわいがっているそうです。

遠征先でも部屋が同室だったりするようですね。

サクラセブンズの記事を書いていると
ついつい何度も書いてしまいますが、
本当にサクラセブンズはチームのメンバーの仲がいい
と感じます。

やはりラグビーは
ひとつのボールをみんなでつなぎあって
得点にしていくという
信頼が大切なスポーツだからなんでしょうか。

怪我に負けずに頑張って欲しいですね。

リオオリンピック 女子選手かわいい画像付き完全リスト



スポンサードリンク


かれとぴ編集後記

2016年の12/3、12/4の日程で
HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ第1戦 ドバイ大会
が開かれます。

ドバイの地から、各国のキャプテンが集まって
撮影された写真が届きました。

sevens110

オリンピックアジア予選が終わったばかりで
休む間もないほどですが、
世界の強豪相手に、力試しができる少ない機会なので、
ぜひ頑張ってほしいです!

スポンサードリンク



ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。
最後までお読みいただきまことにありがとうございます。
サイトマップ(記事一覧)