ラグビー基礎知識(7人制/セブンズ)


このページでは7人制ラグビー(セブンズ)
より楽しく観戦するために、知っておくとよい
基礎知識をまとめました。

15人制との共通点も多いので、
主に違うところを重点的に、
シンプルにわかり易くを心掛けながら、
図や写真を交えつつ
お伝えしていきます。

※このページを書いている私も初心者ですから、
情報が多少間違っているかもしれません・・・

その場合は随時修正、更新していきます。

※極力難しい単語、略語にはリンクを貼っていますが、
わからない略語、用語、単語がありましたら、
⇒かれとぴラグビー用語辞典をご参照ください。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

ラグビーセブンズってどんなスポーツ?

試合時間
7分ハーフの前後半戦で合計試合時間は14分です。
大きな大会の決勝戦(例えばオリンピックアジア予選決勝戦)などで、
10分ハーフの前後半戦で合計試合時間20分という試合形式もあります。

15人制と7人制(セブンズ)の人数以外の一番大きな特徴は、
この短い試合時間でしょう。

この試合時間によって、
10数チームが参加する大会でも、
2日程度で決勝戦まで終わらせることが可能になります。

そして、このスピーディーさと
少人数制による参加しやすさこそが、
オリンピック種目に選ばれた大きな理由
でもあると思います。

チーム編成
1チーム7人

各選手のポジションですが、
基本は守りを固める
フォワードが3人:プロップ(PR)x2、フッカー(FO)

相手サイドに攻め込んで得点を奪う
バックスが4人
スクラムハーフ(SH)、スタンドオフ(SO)、スリークォーターバック(TB)x2
となっています。

セブンズと言えば、思い出されるのが
2016年リオオリンピックに向けて活躍中の
日本女子セブンズ代表の通称”サクラセブンズ”ですね。

ここは彼女たちを例に挙げて
ポジション説明をしてみましょう。

sakura

サクラセブンズでは(上の写真のメンバーで説明すると)
桑井選手knowledge007 横尾選手knowledge008冨田選手knowledge009
の3選手がフォワード

中村選手knowledge010 山口選手knowledge011 小出選手knowledge012 大黒田選手knowledge013
の4選手がバックスです。

7人制のすごいところは、
人数が少ないために一応のポジション分けはあっても、

ディフェンス(守り)のポジションである
フォワードの選手が攻撃してトライを決めたり、

オフェンス(攻撃)のポジションの
バックスの選手がタックルをしたりと、

全員が全てのポジションをできるくらいに
動かなければいけないところです。

ボール
ギルバート

楕円形で4枚張りでなければなりません。
公式球はサイズや材質も15人制と同じです。

得点の方法

相手陣営のインゴールにボールを置く
トライも15人制と共通です。

5点入ります。
knowledge014

15人制と異なるのは、
トライ後のコンバージョンゴール
(またはゴールキック)
という
追加点のチャンスに関してです。
(成功すると2点

15人制では五郎丸選手に代表されるように、
プレースキックといって、
ティー(ボールを立てるために使う支え)を使って、
置いたボールを蹴ることがほとんどですが、
セブンズでは時間短縮のために
ドロップキックでなければなりません。
坂井克行,ドロップキック

※ドロップキック・・・
ボールを手で持った状態から地面にバウンドさせ、
 ボールが跳ねた瞬間に蹴るキックのこと

この他ペナルティキック、
ドロップゴール
というゴール方法だと
3点もらえます。
※セブンズの場合はペナルティキックもドロップキックでなくてはなりません。

競技場のサイズ
ラグビーの競技場の大きさも15人制と同じです。(例外あり)

ラグビー場

詳しくはラグビー基礎知識(15人制)1をご覧ください。

その他15人制ラグビーとの主な違い
スクラムは3人対3人(15人制は8人対8人)

7人制,スクラム

コンバージョンゴールはトライ後40秒以内に。
  (15人制は60秒)
得点した後は得点チームのキックオフで再開
  (15人制は得点されたチームから)。
シンビン(=危険な反則)の場合2分間の一時退場となります。
  (15人制は10分間)
コンバージョンキックの時は、相手はチャージすることができない
  (15人制は可能)

などの違いがあります。

かれとぴ的
基礎知識(7人制/セブンズ)は以上です。

このページでは主に15人制とセブンズの異なるところについて
重点的にお伝えしてみました。

15人制と共通または類似項目に関しては
ラグビー基礎知識(15人制)1または2を参考にしてください。

↓↓こちらも要チェック
かれとぴかれとぴ      
ラグビー用語辞典
かれとぴラグビー基礎知識  
(15人制)1

サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ