2017年1月、
第93回箱根駅伝は
またアツい闘いが見られそうですね。

今大会も優勝候補筆頭は
青山学院大学だといわれてはいますが、
去年までのデータにないのが、
東海大学のスーパールーキーズと呼ばれる、
関颯人選手、羽生拓矢選手、鬼塚翔太選手、
阪口竜平選手、館澤亨次選手たち、新一年生です。

特に関颯人選手は、
実力もさることながら、
イケメンということでも注目を集めています。


今回はこのイケメンスーパールーキー、
関颯人選手にスポットを当ててみたいと思います。

関颯人のプロフィールとこれまでの駅伝戦績

關颯人(せきはやと)
(関は正しくは關と書きます)

1997年4月11日生まれ
佐久長聖高校卒業、東海大学体育学部在籍。

身長:178㎝ 体重:57㎏

管理人CoCo
長距離のランナーとしては
けっこう大きい方ですね。

佐久長聖高校時代に残した戦績としては
2015年の第66回全国高等学校駅伝競走大会と
2016年1月の第21回全国都道府県対抗男子駅伝の
両方で区間賞をとっています。

そして東海大学進学後も、
1年生ながらズバ抜けた実力を発揮して、
2016年の6月に行われた
日本学生陸上競技個人選手権大会の5000m走で
優勝もしています。

2016年7月にはU20の世界陸上にも参戦!
10000mメートルで9位と惜しくも入賞は逃したものの、
世界の壁の高さを見られたことは
大きな成長につながるでしょう。

関颯人選手の成長の原動力の一つは
東海大学に入学して
高校時代からライバルだった鬼塚翔太選手と
チームメイトになったことではないでしょうか。

本当に切磋琢磨、という言葉が
ピッタリくる二人だと思います。

関颯人選手の2016年度3大駅伝での成績は??出雲学生駅伝と全日本学生駅伝ではどうだった??

さて。

第93回箱根駅伝に出場すると見込まれている関颯人選手は
出雲学生駅伝と全日本学生駅伝ではどうだったのか?
ふりかえってみましょう!

2016年度の第28回出雲学生駅伝では
関颯人選手はルーキーながら全6区間のうち、
2番目に距離が長い3区を任されましたが、
みごとに期待に応え、区間賞をとっています。

しかも2位とのタイム差はなんと23秒!

実に素晴らしい走りを見せました。

ところが、11月に行われた
第48回全日本学生駅伝大会では
補欠登録されてはいたものの、
ウィルス性胃腸炎のため、出場することができませんでした。

管理人CoCo
これは関颯人選手自身も
そうとうくやしかったことでしょう

第93回箱根駅伝に関しては、
前年5位になっていたことから、
東海大学はシード校になっていましたので、
予選会に出る必要もなく、
関颯人選手がライバルたちと競り合うところは
見ることはできていません。

2017年1月
第93回箱根駅伝大会での関颯人選手の走り、
興味がわいてきますね~。

ちなみに関颯人選手は
中学時代からずっとミズノのランニングシューズを
はいているようですね。

管理人CoCo
高校生になってからは、
マメができないようにと足型をとって、
オーダーで作っているそうです。

さすが!

かれとぴ編集後記

人気や話題がどうしても
青山学院に行きがちではありますが、
1年生ルーキーが揃った東海大学は
かなり脅威の存在なはず。

1区に鬼塚翔太選手、
2区に関颯人選手という、
ルーキーの2本柱で先行逃げ切りを狙っているようです。

予想もつかない展開になりそうですね!

ドキドキしながら、
楽しんで観たいと思います!

サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサーリンク