ももクロ百田夏菜子が朝ドラべっぴんさんに田中要次の妻、多田良子役で出演


ども、管理人CoCoです。

多くの熱狂的なファンを持つ
ももクロこと「ももいろクローバーZ」のリーダー
百田夏菜子さんが、NHK朝ドラ「べっぴんさん」に
出演することが決まっていますよね。

百田夏菜子,べっぴんさん

元々男性だけではなく女性ファンも多い「ももクロ」ですが、
NHK朝ドラ出演でさらに幅広い年齢で人気者になるでしょう。

今日はそんな百田夏菜子さんのことを
ビシッと調べていきますね!

スポンサードリンク

百田夏菜子ってどんなひと?デビューのきっかけや所属は??

まずは百田夏菜子さんの現在までを
プロフィールを見ながらチェックしてみましょう。

百田夏菜子(ももたかなこ)
本名:同じ
百田夏菜子,ももクロ

1994年7月12日生まれ 静岡県出身
身長:156㎝ 体重:非公開

所属:スターダストプロモーション

管理人CoCo
スターダストプロモーションには
⇒窪田正孝さん
個性派の⇒濱田岳さん
⇒葵わかなさんなど、
演技に定評がある人がたくさん!
百田夏菜子さんのデビューのきっかけは
小学5年生のときにお母さんが応募した
スターダストプロモーションの
オーディションに合格したことだそうです。

ももいろクローバーZの結成は2008年。
アイドルとして活動する
百田夏菜子さんを有名にしたのが、
百田夏菜子さん得意のパフォーマンス
エビぞりジャンプ!

百田夏菜子,エビぞりジャンプ

管理人CoCo
どうですか?

思った以上にすごくないですか?

合成やCGじゃなく、
ほんっとにやってるんですよ!

百田夏菜子さんはアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の
リーダーを務めています。

それぞれあるイメージカラーでは百田夏菜子さんの色は赤色。

ほがらかで屈託のない笑顔がとても印象てきな百田さん。

もののぷと呼ばれるファンやスタッフの皆さんからも
「太陽」と例えられることが多いのも納得できますね。

百田夏菜子さんは156㎝と小柄ですがその存在感は計り知れません。

スポーツ全般が得意なようで、
ももクロの活動が始まる前は平日に新体操、
土日にバスケを習っていたそうです。

確かに新体操で培った柔軟性やバスケで得た持久力が
今のパフォーマンスに表れている気がしますね。

そんな百田夏菜子さんですが、
どうやら「アホの子」と呼ばれる天然ぶりで
スタッフやメンバーも皆さんを困惑されているそうです。

実際に学校のテストでは2点を採ったこともあるそうで、
「堂本兄弟」に出演したときはいつもレギュラーの高橋みなみさんと
漢字の読み方を勝負させられていましたね。

スポンサーリンク

百田夏菜子が結婚?!ももたまい婚?田中要次の妻??子供も!!!

最近になって百田夏菜子さんの結婚に関する情報が
立て続けに飛び込んできました!!

ひとつはブログから。

百田夏菜子,結婚

百田夏菜子さん、先日自身のブログに婚姻届の写真がアップし
ファンをうろたえさせる事態となりました。

ブログは「準備中」というタイトルのみで本文はありません。

ファンからは「いよいよか」「泣きたい」といったコメントが。

一体どういうこと?
百田夏菜子さんが結婚の準備中とうことでしょうか?

実はこれ2016年9月4日に行われるイベント
「ももたまい婚」の準備のことだったようです。

「ももたまい」とは百田夏菜子さんと、
黄色メンバー玉井詩織さんとのユニット名。

二人が新潟で行うイベントの準備が進んでいるということを、
婚姻届の写真と一緒にお知らせしたといことみたいですね。

これにはファンの皆さんも一泡吹かせられてしまいましたが、
おちゃめな百田夏菜子さんらしくて可愛らしい演出です。

もうひとつはNHKの朝ドラ「べっぴんさん」から。

主要キャストの紹介文の中で、
百田夏菜子さん演じる多田良子は
主人公すみれの学生時代の友人という設定ですが、
卒業後すぐにお見合い結婚、一児をもうける、とあります。

えぇ!百田夏菜子さんが一児の母の役?!
しかも旦那さんは田中要次さん?!?!

設定も衝撃的ですが、
百田夏菜子さん演じる多田良子という女性は、
ずっと主人公すみれとともに成長していく役のようですから、
母役の百田夏菜子さんも見られるのかもしれませんね。

かれとぴ編集後記

人気者の百田夏菜子さんですから、
朝ドラ出演のオファーを受けたのかと思いきや、
なんとみずからオーディションで役を勝ち取ったそうです。

アイドル、歌のお仕事だけじゃなく、
演技に関しても指導を受けていたそうなので、
今、その実力が証明されるのかもしれませんね。

いろんな意味で期待値の高いドラマになりそうですよ。
サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ