ドリフとピンクレディの人形劇・飛べ孫悟空の無料動画!西遊記を公式で視聴!

この記事は約8分で読めます。

ドリフとピンクレディの人形劇・飛べ孫悟空の無料動画!公式サイトでフル視聴!

 

ガルー

ニンニキンキニキ、ニンニキンキニキ、ニニンが三蔵・・・

ニンニキンキニキ、ニンニキンキニキ、ニシンが悟空・・・
あ〜あ、飛べ!孫悟空の動画を観たいなぁ・・・

飛べ!孫悟空を無料で観る
「飛べ!孫悟空」のフル動画は「Paravi」で無料で配信されています。

本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は Paraviサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

8時だよ全員集合の公式動画がもう一度見たい!無料配信をスマホやテレビで視聴!
...

[cc id=24235 title=”目次閉”]
スポンサーリンク
スポンサーリンク

飛べ!孫悟空の動画視聴はここで!

ガルー

「飛べ!孫悟空」を無料で視聴するならParaviがオススメ

飛べ!孫悟空は無料で見られるParaviでの視聴が一番なんですね。

[cc id=31623]

 

「飛べ!孫悟空」の配信状況を確認

ガルー

念のため、「飛べ!孫悟空」の配信状況を調べたよ

動画配信サービス配信状況無料日数
Hulu 見放題無料配信[cc id=31486]
Paravi 見放題無料配信[cc id=31487]
FODプレミアム[cc id=31488]
U-NEXT 見放題無料配信[cc id=31489]
Amazonプライム 見放題無料配信[cc id=31490]
ゲオTV[cc id=31491]
DMM見放題chライト[cc id=31492]

※2020年3月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。

※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

継続利用を希望されない場合は、お試し期間中に解約すれば、基本料金はかかりません。

 

公式動画サイト利用をオススメする理由
当サイトでは動画の視聴には以下の理由から公式サイトの利用をオススメしています。
  • 安全! 公式サイトなので、ウィルスや詐欺サイトへの誘導などの心配がありません。
  • 快適! オリジナルの映像を利用しているので、画質が良く音もクリアです!
  • 便利! 検索や関連作品なども探しやすいので、ストレスがありません!
[cc id=24502]

「飛べ!孫悟空」を動画共有サイトで見ても大丈夫?

ガルー

動画共有サイトで「飛べ!孫悟空」は見れないの?

[cc id=31494]

飛べ!孫悟空の作品概要

作品紹介

パロディとシュールなギャグが満載!ザ・ドリフターズによる人形劇版「西遊記」

見どころ

ザ・ドリフターズそっくりの人形が登場、本人が声を担当。ピンク・レディーが歌と踊りで番組の進行役を務め、ゲストで北島三郎や野口五郎、樹木希林なども登場する。

作品紹介

【収録内容】御釈迦様に叱られた孫悟空は、岩から出られなくなって…(「その一 猿はよみがえる」)、三蔵法師を食べようとする沙悟浄を倒すため、孫悟空はプロレスとボクシングをすることに…(「その二 カッパのたたりじゃー」)ほか。

※U-NEXT作品ページより

 

 

アマゾン・Yahoo!での飛べ!孫悟空のレビューは?

山口百恵がゲストキャラの回は残念ながら欠番になっていますね。
しかし、いまこの作品を配信で見られるというのはとても嬉しい。
一時期はフィルムがもう現存していないという話まで出ていたのですから。

よくTBSがこのフル映像を出したもんだ。さすがアマゾンの力。
ドリフで育った子供世代には夢のようなフル配信。
今では放送できない言葉も沢山発言している。ドリフお得意の人形を使い、
40年前の人形劇なのですが、いま見ても、とても面白い。
本当にドリフを超える人たちって出てこないですね。

なんでもかんでも復刻版が出る時代だ。だから、この「飛べ!孫悟空」のようにDVD化されないものは、当時の録画テープが現存しないということになっていた。それが、ドリフターズ結成50周年の今年、TBSオンディマンドで配信開始と聞いても、どうせ数話だけ(これはYou Tubeでも観られる)だろと見縊っていたら、まさかの初回から12話までがキチンと並んでいる。しかも、10月には13~24話が配信ということで、どうやら全話が発掘!?と期待いっぱいで先ずは1話!

西遊記をベースに、ドリフの5人+当時は6人目とも目された すわ親治さんが、西遊記の4人+馬+カトー(要するににぎやかしね!と志村扮する孫悟空がからかう場面は面白い)と ゲストによる和製マペット・ショーなのだが、今回は孫悟空が三蔵法師によって岩の封印を解かれて、その後に沙悟浄と遭遇するところまで。

ミュージカルの要素もあって、ピンクレディの他、あのねのね と キャンディーズジュニア(後のトライアングル)が 替え歌でストーリーを補完するし、当時の人気局アナの小島一慶がテンションMAXで講釈をするなど、実に至れり尽くせりで、マペットの出来も含め、これを毎週毎週一年半もつくっていた時代とテレビの豊かさに驚かされる。もちろん、現在のCG等から見れば子供の学生会のようなレベルの映像だが、そこに費やされる人の知力と労力は現在とは比べようもないレベルだ。

それにしても、小島一慶の講釈で「寒いとなんでも凍る。女が凍れば、コールガール」と平然と言っていた。1977年=昭和52年の日本の夜7時の子供番組おそるべしである。

Amazonより

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました