日大アメフトタックル事件の謝罪会見3部作!司会者は誰?言動や打ち切り方がヤバい!

この記事は約5分で読めます。

日大,謝罪会見,司会者

このところ世間をにぎわしている日大のアメフト部によるタックル傷害事故?事件?の話題ですが、2018年5月23日の夜、日大アメフト部の内田元監督と井上コーチが揃って記者会見をしました。

まぁ、もともと期待なんてしていなかった人も多かったとは思いますが、とにかくこの記者会見は僕が今まで見た記者会見の中でも、何ならワースト3に入るくらいひどい記者会見でした。

何がひどいって、謝罪会見を行った内田元監督、井上コーチの受け答えもひどかったですが、記者の質問もひどかった!

加えて最悪だったのが、音響設備と司会を務めた年配の男性。

もう、ネット大荒れ確実ですね。

元監督、コーチに関しても、質問した記者さんたちに関しても、書きたいことがたくさんあるので、日大謝罪会見3部作として書き記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記者会見の概要

5/23水曜の夜8時、夫婦水入らずで食後のデザートを楽しもうと思ったところへ、僕のスマホにメッセージが流れました!

「日大の内田元監督、井上コーチ今から会見やるってよ」

書き方はともかく、ニコ動さんからのメッセージでした。

普段だと無視しちゃうんですが、その時見てた録画番組があまり面白くなかったのと、何だかピン!ときたのもあって、会見を見ることにしました。

まぁ、ちょっとやって終わりかな?と思ってみてしまいましたが、結果的に会見は2時間にも及ぶ超大作でした。

日大アメフト部の謝罪会見の司会者は誰?

多分会見を見ていたほぼ全ての人が気になったであろう、記者会見を仕切っていた人物ですが、現段階では分かっていません。

冒頭の紹介で弁護士さんが同席しているということはわかっていたので、僕も途中までは司会をしているのが弁護士さんなのかな?と思っていたのですが、違ったようです。

というのも記者さんからの質問に関して、「仮定の話には応えられません」という趣旨の発言をしたのが弁護士さんっぽかったんで。

5/24追記
テレビ局サイドも相当頭に来ていたようで、ニュースでも特定して取り上げていました。

広報部長ではありませんでしたが、広報部顧問で元共同通信の論説委員長という肩書を持つ米倉久邦という方でした。

管理人CoCo管理人CoCo

じゃあ誰?

っていうことですが、どうも日大の広報担当者さんではないかという話がありました。

確かに、学内で開かれた謝罪会見で大手マスコミが多数詰めかけるような場ですから、司会をするとなると広報担当者さん、それも広報部長と考えるのが自然なところでしょう。

違ってたらまずいので、一応これは私の推測ですけど。

で、この司会者さんがどんなふうにひどかったかっていうのを次にお話ししていきましょう。

 

日大アメフト部謝罪会見でやらかしちゃった司会者さんの言動とは?

日大アメフト部の謝罪会見で司会者さんがやらかしちゃった言動がいろいろありますので、まとめておきましょう。

どうも司会の方はメディアの記者さんからの質問がひとりひとり複数個にわたっていて、なかなか先に進まない様子にいら立っていたようです。

たびたび「質問は終わりにして、次の人にマイクを回してください」といった趣旨の発言をしていました。

で、はじめのうちは「(質問者を変えていかないと)全員に回りませんから。」って言ってました。

つまり、この時点ではすべての記者さんにマイクを回す気持ちはあったようです。

ですが、別記事で書きますが、記者さんも質問内容が悪かったり、いくつも質問をしたり、同じような質問が複数の記者さんから出たりと、いうイラッとポイントが目につきました。

さらに、これも別記事で書きますがw、回答する内田元監督や、井上コーチも、質問内容とズレた発言など無駄な時間が多い気がしました。

ここで、ついに司会者さんが半ギレ状態になり、「もう質問を打ち切ります。これ以上やっても意味がないんで!」な~んて言っちゃったんですよ~~。

結局質問は再開されたんですが、この後も何度か、「もう終わり」「まだまだ」という、司会者さんと記者さんのやり取りがありました。

そしてとうとう決定的な言葉が出ちゃったんですww

記者さんが司会者さんに、謝罪会見だといって記者を集めておいて、あまりに一方的に打ち切ろうとする態度を指摘して
記者さん「あなたの対応で日大のブランドが落ちるかもしれないんですよ?」といったところ

この司会の男性が「落ちません!」 って。

wwwwwww

もうすごいとしか言いようがありませんよ。

この一言でニコ動のコメント欄はものすごい勢いで流れていましたし、なんならちょっと殺伐としかかった会場でも記者さんたちのあきらめのような笑い声さえ聞こえましたからね。

この後も質疑応答は続きましたが、記者さんたちも質問にいきおいがなく、結局全員質問が終わらないままに2時間で記者会見は終了しました。

個人的にはこの司会者さんのせいで日大のブランドイメージがさらに落ちたのは間違いなく、この司会の人も何らかの処分をされてしまうだろうと感じました。

[cc id=8840 title=”P1広告”]

かれとぴ編集後記

あと、ひどかったのがマイクなどの音響設備!

ハウリングはおこすし、音はこもるし、ボゴボゴいうし、ボリュームも大きくなったり小さくなったり。

鋭いいい質問をしたときに限って、音が聞き取れなかったりしたので、”わざと妨害したんでは?”なんていう書き込みもありました。

まぁ、さすがにそれはないとは思いますが、いろんな部分で危機管理ができていない学校なんだな、ということだけははっきりしてしまった会見でした。

この後、会見でのひどかった記者質問や、ひどかった内田元監督と、井上コーチの弁解についても記事を書きました!

あわせてごらんください!

[cc id=8838 title=”広告下”] ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。
最後までお読みいただきまことにありがとうございます。
サイトマップ(記事一覧)
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました