プリティが多すぎる

千葉雄大さん演じる南吉もだんだんPipin編集部に慣れてきました。

しかし南吉の企画が見事に採用されることになったのですが、トラブル発生!

ホンイくんホンイくん

前回南吉がせっかく頑張ったのに、まさか企画がかぶってしまうとは…

キョーミちゃんキョーミちゃん

でもさ、世の中には自分が企画したことがボツになる事なんてよくある事よね。

ホンイくんホンイくん

キョーミちゃんなんかカッコイイ!!

今回もプリティが多すぎる第6話ネタバレ感想と、南吉と利緒がキスしたバーについてご紹介していきます。

      ▼▼ 下に続く ▼▼




スポンサードリンク



プリティが多すぎる 第6話 ネタバレ感想

前回、南吉の企画で、モデルとスタイリスト、カメラマンとの八方ふさがりでした。

でも最後にやっと自分が求めていた企画がわかり、それを提案するものの、まさかの企画かぶり。

企画がかぶりブチギレる南吉!

同じ「Pipin」編集部員の森野瑠美(池端レイナさん)と企画が丸かぶりしてしまい、先に案を通していた瑠美を優先するべきだとみんなに言われてしまいます。

キョーミちゃんキョーミちゃん

それに対しブチギレた南吉・・・

一生懸命考え、モデルたちの撮影も順調に進んでいたのに、それが一から振り出しだなんて、確かに落ち込みますよね…

ホンイくんホンイくん

お、大人げないぞ南吉。

それを見ていたキヨラ(長井短さん)は南吉に、自分のこだわりを捨てなきゃいけない事もあるんだと話します。

キョーミちゃんキョーミちゃん

いつもふわふわしていたキヨラがまさか南吉アドバイスするとは!

南吉も「キヨラの方が僕より大人だな」と反省。

次の日、瑠美にも謝りPipinの雑用も笑顔でこなします。

今までキレれてたのに急に物分かりの良い人になったから少し不気味だった南吉。

キヨラのアドバイスのおかけだったのかも知れませんね。

そしてようやくPipinの企画もうまく行き始めたラストシーンで、キヨラが突然の告白。

「私も自分のこだわりを捨てない。南吉くんのおかげで分かったんだ。南吉くん好き!私と付き合って!」

ホンイくんホンイくん

うおぉぉ~い!!急に告白ぅ~!

キョーミちゃんキョーミちゃん

キヨラ、いつの間に南吉に好意を抱いてたの!?

ビックリだけど、グイグイ来る感じのキヨラにちょっと引きました。www

次回の恋の行方が楽しみです!!





スポンサードリンク


プリティが多すぎる!南吉と利緒がキスしたバーはどこ?

プリティが多すぎるの第3話で南吉にキスをしたこと、利緒は覚えていない振りをしていましたが実は覚えていたようですね。

キョーミちゃんキョーミちゃん

あざとい…

しかし、あのカッコいいバーはどこなのか調べてみたところ、六本木にあるCOYOTE UGLY SALOON ROPPONGI (コヨーテ アグリー サルーン)というお店でした。

アメリカンな感じで素敵だなと思ったら、2000年に公開された映画「コヨーテアグリー」と言う映画の舞台になったアメリカンバーを日本で初上陸させたバーなんだそうです。

キョーミちゃんキョーミちゃん

とても元気になる映画なのよ。歌手を夢見る田舎娘がカウンターで歌や踊りを披露するバーで働いて、恋愛や友情の物語もあって最後は歌手になる話なの。

ホンイくんホンイくん

これぞハリウッドって感じだね!

【COYOTE UGLY SALOON ROPPONGI (コヨーテ アグリー サルーン)】

・住所 東京都港区六本木3-12-6 六本木プラザ 8F、9F

・アクセス 東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木駅」徒歩1分、六本木駅から202m

・営業時間 【月~木】18:00~翌2:00 【金・土・祝前日】18:00~翌4:00

・定休日 日曜日(イベントにより臨時営業あり)

こちらのバーでも、綺麗な女の子達がカウンターの上でダンスを踊っていて、男性だけでなく女性も楽しめるバーのようです。

映画を観てからこのバーに来れば本格的に楽しむ事が出来そうですね。



スポンサードリンク





まとめ

最後はキヨラのぶっ飛んだ衝撃的な愛の告白で終わりました。

利緒はびっくりしていたけれど、もしかしたら意識しちゃったかな?

ツンデレっぽいところがある利緒だから、まだ南吉に対しての気持ちはわかりませんが、これから恋の三角関係が始まるのか楽しみです。

キョーミちゃんキョーミちゃん

確実に利緒は南吉を意識してるはずだよ。

ホンイくんホンイくん

そうだね。もちろん南吉もね。

▼▼ プリティが多すぎるのフル動画を無料ですぐに視聴する方はコチラ ▼▼

プリティが多すぎる (文春文庫 お 58-2)

プリティが多すぎる (文春文庫 お 58-2)

  • 作者:大崎 梢
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日: 2014-10-10

秋ドラマ2018おすすめランキング!注目キャストと作品は?見どころも!

2018aw
2018年 話題の秋ドラマ





スポンサードリンク


ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。
最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

サイトマップ(記事一覧)




お買い忘れはございませんか?