セブンズリオオリンピック予選男女W優勝!男子はオリンピック行き決定!!


ども、管理人CoCoです。

セブンズのオリンピックアジア予選、香港大会が終了しましたね。

sevens048

日本チームは男女ともに見事優勝!
今大会の結果のみでオリンピック本選出場が
決定することになっていた男子セブンズは
晴れてオリンピック行きのチケットを手にすることができました!

※女子は香港大会と日本大会の
ランキングポイント合計1位のチームがオリンピックに行かれます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

男子セブンズ注目ポイント!

今大会はアジアの10チームがA、Bの二つのプール(グループ)に分かれ、
わずか1つのリオオリンピック本選出場枠をかけて戦うという
非常に緊張感のある大会でした。
※参加チーム
プールA:日本、中国、中華台北、韓国、シンガポール
プールB:香港、イラン、フィリピン、マレーシア、スリランカ

男子セブンズ香港大会ダイジェスト

日本と香港が2強という前評判通り、
それぞれのプールで日本と香港が1位で勝ち上がりました。

sevens047

日本の予選対戦成績
日本 VS 中華台北 38-0
日本 VS シンガポール 66-0
日本 VS 韓国 47-0
日本 VS 中国 34-0
と、全試合完封!

くわえて、準決勝の対スリランカ戦
43-0と完璧な形で決勝に進みました。

香港の予選対戦成績
香港 VS イラン 46-0
香港 VS フィリピン 29-0
香港 VS スリランカ 27-12
香港 VS マレーシア 52-0
と、プール2位のスリランカに12得点されたものの、
全体的に力の差を見せつけるかたちでプールを1位通過。

準決勝の韓国戦は苦戦しますが、
19-10で勝ち抜けて決勝に上がってきました。

管理人CoCo
そういえば、決勝で
このキャラがTV中継中にフツーに
かぶりものを脱いでて、
びっくりしました・・・
sevens055

対香港 決勝ダイジェスト

まず私見でいうと、香港チームの印象は・・・
西洋人が多いなぁ、ということです。

sevens056

質問者の写真
ラグビーの代表資格のルールは
サッカーのルールとはだいぶ異なるようで、
比較的国籍を持たない外国人が代表選手に選ばれる率が
多くなるのはわかるのですが、それにしても多すぎる気が・・・。

国歌斉唱で、歌う気ゼロみたいなのは、
違和感がありました。

日本チームにおいては、
レメキ選手ももトゥキリ選手も
日本国籍を取得
しているんですよね。

まぁ、いいか。

予選は7分ハーフの14分という試合時間ですが、
決勝は10分ハーフの20分での試合展開です。

アウェイで、香港チームへの声援がスタジアムを包む中、
開始約2分半で香港チームにワントライあげられました。
この得点が今大会日本チーム初の失点でした。

苦しい展開の中、前半終了直前の残り46秒ころに
香港チームに再びトライを決められてしまいます。

ここで前半終了。
前半は0-10で、折り返します。

後半もはじめは攻め込まれますが、
徐々に日本のいいプレーが出始めます。

2分半ほど経過したところで、
後藤輝也選手がディフェンスのスキをついてワントライ!
決勝戦日本チームに初得点をもたらします。

コンバージョンキックは惜しくも外れてしまうも、
もうワントライで同点という形になりました。

両チームに疲れが見え始め、
香港チームが坂井選手に対するハイタックル
(=胸から上の高い位置へのタックル、危険なプレーとして反則となる)
など、香港チームにも焦りがうかがえるようになります。

残り5分で、トゥキリ選手がゴールラインに近いところに
キックでボールを送り出しました。
羽野選手(だと思います)が走り込み、
相手選手にタックルされながらもボールをタッチしました。

トライかとも思われましたが、
判定はノートライ。
しかし、相手選手が反則を取られ、
日本チームはゴールライン5m手前から
プレーを再開することになります。

レメキ選手が空いたスペースに走り込み、
見事中央にトライを決めます。

sevens049

トライの位置が良かったため、坂井選手によるコンバージョンキック
(=ゴール後のキックで、蹴る位置はトライした場所で決まる)も
きれいに決まり、ついに日本チームは
12-10と逆転に成功します!

まだ、ワントライで逆転される可能性もある中、
香港チームも必死に攻め込みますが、
日本チームに俄然勢いが出てきます。

パス回しや、走るスピードも勢いを取り戻し、
残り2分35秒で合谷選手が、トゥキリ選手の絶妙なパスを受け
トライ!!

これで17-10とします。

さらに、残り1分、坂井選手がダメ押しの
1トライ、1コンバージョンゴール
で、7点を追加し、
24-10!
試合を決定づけ、いい形のまま終了になりました!!

今大会の注目ポイント!

今回注目したいのは、全員がすごかった!ということ。

各選手のトライ数ゴール数をまとめてみました。(敬称略)
1 レメキ ロマノ ラヴァ 3TRY
2 トゥキリ ロテ ダウラアコ 2TRY
3 後藤 駿弥 1TRY
4 桑水流 裕策 1TRY
5 大島 佐利 0TRY
6 彦坂 匡克 2TRY
7 坂井 克行 5TRY 21GOAL
8 羽野 一志 3TRY
9 藤田 慶和 4TRY
10 松井 千士 9TRY
11 後藤 輝也 6TRY
12 合谷 和弘 4TRY 5GOAL

トータル 40TRY 26GOAL

参加選手12人中、出場機会が少なかった大島選手以外、
11人が見事トライを決めています。

もちろん、トライをした選手だけがすごくて、
トライを決めていない選手がダメだということではありませんが、
11人もポイントゲッターがいるチームってすごくないですか?

特に前キャプテンの坂井選手は
コンバージョンゴールを21回
も決めています。
また、坂井選手が不在の場面では合谷選手
蹴っていますが、こちらも5回も決まっています。

二人の合計で成功率65.0%、実に3回に2回の割合で決めています!

かれとぴ編集後記

15人制以上に、機動力が得点に結びつくセブンズラグビー。

今回初めてテレビでセブンズの試合を見て、
日本のスピードとスタミナ、
守りの技術力
に感心しました。

桑水流キャプテンも、試合後のインタビューで、
”オリンピックでベスト4”を目標に掲げていました。

今回のアジア予選を見て、
ゲーム間隔がタイトになればなるほど、
持久力に定評がある日本チームにも分があるな、
と感じました。

何よりも、関東ローカル(TBS)と、BS(NHK BS1)という、
やや控えめながら、ゴールデンタイムでのTV中継で、
高い前評判の中、前半0-10からの、
怒涛の逆転劇を見せるなど、
TV的にもおいしい、実にドラマティックな展開でしたね。
う~ん、皆さん役者です!!

わずか前後半10分づつの試合で、
これほどすっきりとする展開はありません。

すんなり勝つよりも、よっぽどファンが増えたことでしょう!!

今回で、オリンピック本選出場は決まりましたから、
これからはそこに照準を当てて、
さらにチーム力に磨きをかけてほしいですね。

今回の予選はワールドカップ直後で、
15人制の代表選手はほとんどメンバーに入っていませんでしたが、
オリンピックでは、15人制の代表メンバーも含めて、
今以上に選手層が厚くなるはずですので、
期待を込めてオリンピックを待ちましょう!!

アジア予選優勝おめでとう!!
日本男子セブンズ!!

ありがとう!
そして、リオでもがんばれ~~!!

サイトマップ(記事一覧)
ご意見、ご感想がございましたらコメントをお願いいたします。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

お買い忘れはありませんか?

このページの先頭へ